SEO対策 302リダイレクトの効果や301リダイレクトが必要になるケースとは?

302リダイレクトの効果や301リダイレクトが必要になるケースとは?のサムネイル画像

SEOでよく用いられる用語の中から、今回は「302リダイレクト」の意味や効果について解説します。

1

302リダイレクトの意味は?

URLの転送処理のうちの一つが「302リダイレクト」です。

301リダイレクトのように恒久的ではなく、302リダイレクトはあくまでも「一時的な転送」に用いられる処理です。

 

2

301リダイレクトが必要になるケース

302リダイレクトは、特別キャンペーンやお得な情報を掲載したページを数日、長くても1週間だけメインページとして使いたいときなどに用いられることがあります。

あくまで一時的な転送のために用いるため、数カ月や年単位の転送であれば301リダイレクトを利用するようになります。

 

3

302リダイレクトの効果について

302リダイレクトを利用すると旧サイトのページランクが受け継がれない、という見方が多いのですが、実際には301リダイレクトだけでなく302リダイレクトもページランクが受け継がれるケースがあるとも言われています。

 

301リダイレクトも302リダイレクトも「GoogleがインデックスしているURLがどちらか?」という視点が大事になるので、以下のことに留意するとよいでしょう。

 

301リダイレクト リンク先のURLをインデックスする

302リダイレクト リダイレクト元のURLをインデックスする

 

とはいえ、最近は、リダイレクトが正しく用いられているかを検索エンジンが判断するようになったことから、場合によっては意図しないページがインデックスされることもあるようです。その時は、検索クエリに対してコンテンツが有益であるかどうかで決まる事が多いので、意図したページをインデックスしたい場合はその点も考慮しましょう。

 

ここまで302リダイレクトの解説をしましたが、一時的か恒久的かで迷ってしまったときや、ドメインの移転時、URL正規化などするときは301リダイレクトを利用するのが一般的なので、迷ったら301リダイレクトを推奨します。

 


以上、302リダイレクトの意味や効果についての解説でした。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧