MEO対策 Googleビジネスプロフィールの管理権限について・複数人で管理する方法を解説

Googleビジネスプロフィールの管理権限について・複数人で管理する方法を解説のサムネイル画像

本記事では、Googleビジネスプロフィールの管理権限を利用して、複数人で管理する方法を解説します。1店舗での権限操作だけでなく、複数店舗での権限操作もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

1

Googleビジネスプロフィールの管理権限とは

Googleビジネスプロフィールの管理権限とは、プロフィール内の操作範囲を役割に応じて制限・開放することです。

Googleビジネスプロフィールに登録した店舗情報を複数人で管理する際に便利です。例えば、自分はオーナーとして全ての権限を持っているけれど、店長には日々の投稿や季節ごとの営業時間の修正は任せたい、といった場合に利用します。

権限を共有できる人数に制限はないので、オーナーと役員には全部の操作が可能な権限を、店長とスタッフには一部制限のある権限を共有、というような分け方が可能です。


2

【注意】Googleアカウントを共有するのは危険

複数人で共有しようとする際に、絶対にやってはいけないのがGoogleアカウントの共有です。

「Gmail」と「パスワード」を他人と共有してはいけません。なぜなら、Googleアカウントごと共有すると、店舗情報だけでなくメール内容や保存ファイルなども見れるようになってしまうからです。

外注業者などと共有してしまえば、もはや情報漏洩にもなりかねません。ですので、他人と共有する際は「権限」のみを与えるようにしましょう。


3

管理権限は3種類

Googleビジネスプロフィールの管理権限は「オーナー」「メインのオーナー」「管理者」の3種類です。


3-1

オーナー

オーナーは全ての操作が可能です。

ビジネス情報の更新や管理者の追加・削除、Googleビジネスプロフィール自体の削除もオーナー権限にて操作できます。つまり、複数人で店舗情報を管理する場合は、オーナー権限がないとできません。

【参考ページ】
プロフィールのオーナーと管理者の役割を理解する



3-2

メインのオーナー

メインのオーナーの権限はオーナーの権限と同一です。ですが、オーナーの権限を複数人に与える場合は、メインのオーナーを1人決める必要があります。

また、メインのオーナーが自分自身をGoogleビジネスプロフィールから削除する場合は、他のオーナーにメインのオーナーとしての権限を引き継いでもらう必要があります。

つまり、ビジネス1つにつき、必ず1人メインのオーナーがいることになります。


3-3

管理者

管理者は、ユーザー(オーナー・管理者)の追加・削除、Googleビジネスプロフィールの削除を除く全ての操作をする権限があります。

店舗情報の更新など、日々の運用についての操作は全てできますので、権限を誰かに与える際は、基本的には管理者権限で問題ないでしょう。


4

特定の店舗への権限を付与する

特定の店舗(1店舗)へ管理権限を与える手順を解説します。

<手順>

1.Goolgeビジネスプロフィールマネージャの管理画面にログイン

2.左側のメニューの「ユーザー」をクリック

特定の店舗への権限を付与する1


3.「ユーザーを追加」をクリック

特定の店舗への権限を付与する2


4.メールアドレスを入力し、役割(オーナー・管理者)を選択

特定の店舗への権限を付与する3


5.よろしければ、「招待」をクリック

管理者の役割については、事前に以下のリンクをご参照ください。
プロフィールのオーナーと管理者の役割を理解する



5

管理権限の変更について

必要に応じて管理権限を変更したい場合もあるかと思います。

以下3パターンで手順をご紹介しますので、参考にしてみてください。


5-1

管理者をオーナーもしくはメインのオーナーに変更

管理者の権限をオーナーへ変更をします。

<手順>

1.Goolgeビジネスプロフィールマネージャの管理画面にログイン

2.左側のメニューの「ユーザー」をクリック

管理者をオーナーもしくはメインのオーナーに変更1


3.管理者の右側の▼をクリック

4.メニューから「オーナー」もしくは「メインのオーナー」をクリック

管理者をオーナーもしくはメインのオーナーに変更2


5.オーナーの場合は「オーナーにする」、メインのオーナーの場合は「譲渡」をクリック

6.「完了」をクリック


5-2

メインのオーナーから管理者に変更

メインのオーナーを変更する場合は、次のメインのオーナーを選ばなくてはなりません。
新しいメインのオーナーへ権限を引き継いだ後に、自分の権限を変更します。

<手順>

1.Goolgeビジネスプロフィールマネージャの管理画面にログイン

2.左側のメニューの「ユーザー」をクリック

メインのオーナーから管理者に変更1


3.メインのオーナーを引き継ぐ人の右側の▼をクリック

4.メニューから「メインのオーナー」をクリック

メインのオーナーから管理者に変更2


5.引き継ぎ内容を確認し、「譲渡」をクリック

6.「完了」をクリック

7.上記の手順で自分をオーナーから管理者へ変更


5-3

オーナーもしくは管理者を削除する

権限を削除できるのはオーナーのみです。権限が管理者の場合は削除ができませんのでご注意ください。

【参考ページ】
ビジネス プロフィールのオーナーと管理者を追加、削除する方法


<手順>

1.Goolgeビジネスプロフィールマネージャの管理画面にログイン

2.左側のメニューの「ユーザー」をクリック

オーナーもしくは管理者を削除する1


3.削除する人の右側の✖️をクリック

オーナーもしくは管理者を削除する1


4.内容を確認し、「削除」をクリック

5.「完了」をクリック


6

複数の店舗へ権限を付与する

複数の店舗へ管理権限を与える際は、一度該当店舗のグループを作成し、グループに対して権限の付与操作をおこないます。

<手順>

1.Goolgeビジネスプロフィールマネージャの管理画面にログイン

2.左側のメニューの「お店やサービス」をクリック

複数の店舗へ権限を付与する1


3.「グループを作成」をクリック

複数の店舗へ権限を付与する2


4.任意のグループ名を入力

複数の店舗へ権限を付与する3


5.権限を付与する店舗にチェックを入れて、右側の「操作」をクリック

6.「ビジネス情報を移行」をクリック

複数の店舗へ権限を付与する4


7.移行先のグループを選び、「譲渡」をクリック

複数の店舗へ権限を付与する5


8.店舗一覧の左上のメニューから権利を付与するグループを選ぶ

9.「グループ設定」をクリック

10.管理者の欄にて「ユーザーを管理」をクリック

11.「ユーザーを追加」をクリック

12.メールアドレスを入力し、役割(オーナー・管理者)を選択

13.よろしければ、「招待」をクリック


以上が複数店舗へ権限を与えるための手順になります。
グループでのオーナーと管理者の権限も、操作できる範囲は1つの店舗へ権限を付与した時と同一です。グループへの管理者追加・削除はグループのオーナー権限がないとできません。また、グループの管理者は、店舗情報の更新など運用については、グループ内のどのビジネスにおいても操作可能です。


7

まとめ

Googleビジネスプロフィールを複数人で管理する方法についてまとめます。

・Googleビジネスプロフィールの管理権限とは、プロフィール内の操作を役割に応じて制限・開放すること
・管理権限は「オーナー」「メインのオーナー」「管理者」の3種類

・複数店舗への権限付与もできるので、他店舗の管理を共有する場合に便利


繰り返しになりますが、管理を共有する際は、Gmailとパスワードの共有はしないよう十分気をつけてください。必ず「権限」の付与をするようにしましょう。

本記事でご紹介した複数人での管理方法を利用して、ぜひビジネス管理の効率化にお役立てください。


この記事を書いたライター

WEBマーケティング部

WEBマーケティング部

オルグローで現場の最前線で顧客と向き合う部署。
顧客の様々な課題に対して、SEMを駆使した解決方法の提案を行う。特に強みとして「顧客のビジネスをSEOでどのように加速させるか?」について、顧客のWEB集客に関する悩みや課題を引き出し、共に協働することで顧客のビジネスの成功に貢献している。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧