SEO対策 【内部リンク・外部リンクにも対応】アンカーテキストの適切な設定方法

【内部リンク・外部リンクにも対応】アンカーテキストの適切な設定方法のサムネイル画像

「アンカーテキスト」の設定は、外部・内部リンクを活用してWEBサイトをGoogleに適切に認識させるために、とても重要な要素です。
しかし、「アンカーテキストって大事だと聞くけど、具体的に何に気を付けて設定すればいいの?」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「アンカーテキストの役割や重要性」と「アンカーテキスト設定のポイント」について紹介します。

1

アンカーテキストの役割や重要性

アンカーテキストとは、リンクを貼るときにアンカータグに設定したテキスト部分のことです。

 

例えば、前の文章の“アンカーテキスト”という文字部分が青くなっていますが、これがアンカーテキストにあたる部分です。クリックするとページが切り替わり、新たな情報が表示されます。

 

ソース上では下記の様に表記され、ユーザーが目にするサイト上では “○○○” の部分がアンカーテキストとして現れます。

 

例)<a href=”http://□□□□.jp /”>○○○</a>

 

アンカーテキストを適切に設定することで、以下のような効果が期待できます。

1-1

ユーザビリティが向上する

WEBサイトやブログを利用するユーザーがページを移動する際にアンカーテキストが適切であれば、次に表示されるページがどのようなものか把握することができ、求める情報があるかないかを判断した上でページを選ぶことが出来ます。

これは外部・内部リンクの双方に共通して言えることで事前にユーザーにページの内容を認識させ、情報の取捨選択ができるようにすることでWEBサイト全体が使いやすくなり、「ユーザビリティの向上」につながります。
結果として、Googleが求める「ユーザーファースト」を満たしたWEBサイトになるのです。

1-2

検索エンジンの回遊率を向上させる

検索エンジンのロボット:クローラーにサイトを正しく回遊してもらうことは、SEO対策で効果を出していくために非常に重要な要素です。
クローラーはサイト内のリンクを辿り、情報を収集しながら回遊を繰り返します。

 

例)詳しくはコチラ・詳しくはココをクリック
インターネット上では上記の様な表現をいまだに見かけますが、これではクローラーはリンク先のページがどのようなサイトなのか理解が出来ず、どんなに有益な情報を提供していても情報とクローラーの認識にズレがあると正当な評価はされず、検索順位も上がりにくいです。

 

アンカーテキストを最適化することでリンク先のページがどのようなページで、どのような関連性があるのかを検索エンジンに正しく伝えることができます。
その結果、クローラーがWEBサイト内を回遊しやすくなり、トップページや関連度の高いページだけでなく、下層ページも正しくインデックスされるようになります。

 

2

内部リンクのアンカーテキスト設定のポイント

自サイトのページ内を行き来しやすくするために設置するリンクを「内部リンク」といいます。
例えば、WEBサイト内のナビゲーションやフッター、パンくずリストなど、クリックし同一ドメイン内のページに飛ぶようになっているリンクが内部リンクにあたります。

以下は、内部リンクのアンカーテキスト設定のポイントをまとめています。

2-1

対策キーワードをアンカーテキストに含める

SEOで検索結果を改善するために「対策キーワードをアンカーテキストに含める」ことを心がけましょう。
ただし、過剰なキーワードの詰め込みは検索エンジンから評価を得られない可能性があるため注意が必要です。

2-2

リンク先のテーマがわかるテキストにする

SEOにおける効果を高めることを目的にアンカーテキストの最適化を行う場合は、「リンク先のテーマを想像しやすいテキスト」を設定するようにしましょう。

 

例えば、「アンカーテキスト」に関する説明が書かれたページに対して内部リンクを貼る場合は、リンク先の内容がよりわかりやすいように設定するのがベストです。

 

【○ 良い例】
アンカーテキストについては、「SEOにも効果的なアンカーテキストの書き方」にて詳しく紹介しています。

 

【× 悪い例】
アンカーテキストについては、こちらのページで詳しく紹介しています。

 

アンカーテキストのテキストだけでリンク先のページ内容が正しく伝わるように、具体的、かつ簡潔なテキストを設定することが大切です。
これは、ユーザーに対しても、クローラーに対しても効果的なテクニックなので、日ごろから心掛けておきたいポイントです。

 

3

外部リンクのアンカーテキスト設定のポイント

外部のサイトから自サイトに向けられて貼られたリンクのことを「外部リンク」といいます。
外部リンクのアンカーテキスト設定のポイントは以下の通りです。

3-1

外部リンクのアンカーテキストを確認する

外部リンクは、検索順位を決定する上で非常に重視されているSEO要因です。
自身で運営しているサイト以外から、自サイトの紹介などでリンクを受けた際は

 

  • 対策キーワードを含んでいるか
  • 自サイト内のページと関連性のあるテキストであるか

 

アンカーテキストを確認して適切に設定を行うことで、SEO効果が期待できます。

 

ただし、内部リンクのアンカーテキストと同様、全てが同じアンカーテキストでリンクが貼られていたり、過剰にキーワードが詰め込まれている状態になっている場合は不自然なリンクだと判断される可能性があるため注意が必要です。

 


外部リンクや内部リンクのアンカーテキストを適切な設定は、ユーザビリティの向上だけでなく、SEO対策としても効果を発揮します。
特に、内部SEOとアンカーテキストは密接な関係にあるため、SEO対策をしているのに、効果が表れていないという場合は、一度アンカーテキストを見直してみることをおすすめします。

 

以上、「アンカーテキストの役割や重要性」と「アンカーテキストの適切な設定方法」についての解説でした。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧