SEO対策 【最新版】被リンクチェックツール8社徹底比較

【最新版】被リンクチェックツール8社徹底比較のサムネイル画像

Googleの検索順位を決定づける要因の1つに被リンクがあります。さらに、良質な被リンクがSEOにおいてページ評価に強く影響すると言われています。 そこで今回は、被リンクの質はどうか?自社サイトと競合サイトを比較してどちらの被リンク数が多いか?などを調べるのに役立つ、無料と有料の被リンクチェックツールを厳選して8社紹介します。

1

被リンクとは

まずは、被リンクとはなにかを簡単にご紹介いたします。

被リンクとは、外部のサイトから自社サイトに設置されたリンクのことです。
被リンクは、「外部リンク」「バックリンク」など別の呼び方もありますが全て同じ意味です。

例えば、

・ポータルサイトや比較サイトに自社サイトのURLが掲載される
・ブログサイトにURLが紹介される
・プレスリリースサイトに紹介される

などが、自社サイトにとっての被リンクとなります。

Google検索アルゴリズムは被リンクの質や量を評価するため、被リンクの獲得は重要なSEO対策となります。

被リンクの質とは、「関連性のあるサイトや知名度の高いサイト」「権威性の高いサイト」などを指します。ただ被リンクの量を増やしていけばGoogleに評価されるわけではないので気を付けてください。

2

被リンクチェックツールとは

被リンクチェックツールとは、被リンクの質や量、参照元のURLが調べられるツールのことを指します。

対象URLを入力することで、簡単にしかも一覧で見ることができるので、被リンクチェックを行う際には被リンクチェックツールの使用をおすすめします。

3

被リンクをチェックする目的

被リンクチェックをする目的は以下の3つが挙げられます。

3-1

競合サイトと自社サイトの被リンクの差分を把握する

被リンクの質と量によってサイトのドメインパワーやページランクは決まります。

被リンクチェックツールを使って競合サイトと自社サイトの被リンクを比較すれば、被リンクの質や量にどれくらいの差分があるのか把握することができます。

3-2

自社ドメインの現在の評価を把握する

被リンクをチェックすると、良質な被リンクを獲得しやすいページの傾向が分かってきます。

良質な被リンクを集められればSEO効果が期待できるので、被リンクを獲得しやすいコンテンツが何かを分析して作成すると良いでしょう。

3-3

ペナルティにならないようスパム性の高い被リンクを把握する

低品質で悪質な被リンク(スパムリンク)が自社サイトに貼られていると、SEOにマイナスな影響を与える可能性があります。定期的に被リンクチェックツールで悪質なスパムリンクが貼られているかどうか把握する必要があります。

もし、自社サイトに悪質なスパムリンクが貼られている場合には、リンク否認ツール(サーチコンソール)を通して被リンクを無効化するようにしましょう。

4

被リンクチェックツール一覧

被リンクには、良質なリンクと悪質なリンクがあります。自社サイトに良質なリンクを増やし、悪質なリンクを減らすために、以下で紹介する被リンクチェックツールを活用して、定期的に被リンクを精査、確認していきましょう。

【無料被リンクチェックツール】

ツール名おすすめ度精度日本語
Googleサーチコンソールあり
hanasakigani.jpあり
Bing Webmaster Toolあり


【有料被リンクチェックツール】

ツール名おすすめ度精度日本語
Ahrefsあり
Link Explorer(MOZ)なし
Ubersuggestあり
Majestic SEOあり
SEMrushあり
5

【無料】被リンクチェックツール

5-1

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソール(Google Search Console)は、WEBサイトのパフォーマンス管理や監視の他、被リンク調査も行えるツールです。

Googleサーチコンソール


Googleサーチコンソール

おすすめ度

おすすめ度:◎

Googleが用意しているツールです。自社サイトに向けて貼られている被リンクの量や内容(アンカーテキスト)について正確なデータを確認できるツールです。抽出した被リンクの中に低品質なリンクを見つけたときは、Googleに対してリンク否認の申請を行えます。

価格帯

Googleサーチコンソールは、Googleが無料で提供しているツールです。

機能

被リンクをチェックするには、Googleサーチコンソールの登録とWEBサイトへの導入が必要です。

Googleサーチコンソールを導入しているWEBサイトは、[リンク]の項目で、被リンク数をはじめ、どのページが被リンクを最も獲得しているか、どんな外部サイトから被リンクを獲得しているか調査できます。

Googleサーチコンソールで取得した被リンクデータの詳細は、Excel・CSV形式またはGoogleドキュメント形式でまとめてダウンロード可能です。

リンク元のドメインやリンク先のページURLを確認し、不自然な被リンクが大量に貼られていた場合は【リンクの否認】のページからリンク否認の申請を行います。


ツール名Googleサーチコンソール
おすすめ度
精度
日本語あり
価格帯無料
機能・被リンクのトータル数
・リンク元のサイトドメイン
・リンクされているページのURL
・リンクデータのダウンロード(CSV・Excel・Googleドキュメント)
・リンクの否認
5-2

hanasakigani

hanasakigani.jpは、株式会社ディーボが提供する被リンクチェックツールです。

hanasakigani.jp


hanasakigani.jp

おすすめ度

おすすめ度:△

被リンク元ページのタイトルとURL、被リンクのアンカーテキスト、競合サイトの被リンク調査が無料で出来るのがhanasakigani.jpの最大のメリットです。

価格帯

hanasakigani.jpは、無料で使える被リンクチェックツールです。1日3回の利用制限があります。1日3回以上使う場合は、有料版を利用できます。詳しくは、提供会社にお問い合わせください。

機能

被リンク調査をしたいWEBサイトのURLを入力するだけで、被リンクの数(ドメイン数)、被リンク元のページタイトルとURL、アンカーテキストを確認できます。

[nf]の項目は、nofollow属性の有無を指します。hanasakigani.jpで抽出した被リンクデータは、CSV形式で保存可能です。

競合サイト被リンクチェックの機能を使うと、競合サイトの被リンク調査にも活用できます。

ツール名hanasakigani.jp
おすすめ度
精度
日本語あり
価格帯無料(1日3回まで)
機能・被リンクの数(ドメイン数)
・被リンク元のページタイトル
・被リンク元のページURL
・被リンクのアンカーテキスト
・nofollow属性の有無
・被リンクデータのダウンロード(CSV形式)
・競合サイトの被リンク調査
5-3

Bing Webmaster Tool

Bing Webmaster Toolは、Microsoftの検索エンジンBingが提供しているサイトパフォーマンスがチェックできるツールです。

Bing Webmaster Tool


Bing Webmaster Tool

おすすめ度

おすすめ度:△

被リンク元ページのURL、被リンクのアンカーテキスト、被リンクの数、競合サイトの被リンク調査が無料で出来るのがBing Webmaster Toolの最大のメリットです。Bingに最適化したい場合には導入したほうがいいでしょう。

価格帯

Bing Webmaster Toolは、無料で使える被リンクチェックツールです。

機能

メニュー「SEO」→「バックリンク」を選択すると、ドメイン・ページ・アンカーテキスト単位で被リンクの確認ができます。[詳細なレポート]をクリックすると、競合サイトと自社サイトを比較し、どのドメインからの被リンクが少ないかなどの詳細分析が可能です。

ツール名Bing Webmaster Tool
おすすめ度
精度
日本語あり
価格帯無料
機能・被リンクの数(ドメイン数)
・被リンク元のページURL
・被リンクのアンカーテキスト
・リンクの否認
・被リンクデータのダウンロード(CSV形式)
・競合サイトの被リンク調査
6

【有料】被リンクチェックツール

6-1

Ahrefs

Ahrefs(エイチレフス)は、世界トップクラスの被リンク分析ツールです。被リンク分析をはじめ、SEO調査に役立つさまざまな便利機能があります。

Ahrefs


Ahrefs

おすすめ度

おすすめ度:◎

世界で60万人が導入しているとされるAhrefsは海外企業が開発したツールですが、日本語にも対応しています。

Ahrefsは、対象サイトの被リンクの増減推移や直近数ヶ月のリンク切れ状況の確認、計測ドメインの評価、被リンクの品質分布、アンカーテキストなどを確認できます。

Ahrefsは、自社サイトだけでなく、競合サイトの被リンク調査、分析にも使えることが大きなメリットです。

価格帯

Ahrefsは有料のSEOツールです。全機能に7日間アクセス可能な有償トライアル(7ドル)から試せます。

【月額費用】

・ライトプラン:¥12,500
・スタンダード:¥25,000
・アドバンスド:¥50,000
・エージェンシー:¥125,000

一番人気のスタンダードプランは、1ユーザー最大20サイト登録できます。

機能

対象サイトの被リンクの総数や、被リンクを多く獲得しているページを確認できます。被リンクを獲得した期間の推移がグラフで表示されるため、被リンクが急激に増えた時期や減った時期などを把握しやすいです。

Ahrefsは、リンク切れ情報やリンク元のページのドメインランク、URLランクなど、自社サイトの被リンク分析に使えるだけでなく、競合調査の分析にも活用できます。

検索結果に上位表示されている競合サイトの被リンクデータをもとに、自社サイトが上位表示されるための改善策や被リンク対策を練ります。

ツール名Ahrefs(エイチレフス)
おすすめ度
精度
日本語あり
価格帯有料(7日間の有償トライアルあり)
機能・被リンクの総数
・リンク元のサイトドメイン総数
・被リンク状況の推移
・アンカーテキスト情報
・直近90日間のリンク切れしていない被リンク
・全てのリンク切れしていない被リンク
・リンク元ページのドメインランク
・リンク元ページのURLランク
・ソーシャルシェアの状況
・新たに獲得した被リンク情報
・失われた被リンク情報
・リンク切れ情報
・対象サイトへのリンク数の多いサイトドメイン
・競合サイトの被リンク状況
・被リンクデータのダウンロード(CSV形式またはPDFファイル)
6-2

Moz Pro – Link Explorer

Link Explorer(旧 Open Site Explorer)は、SEOツールの代表格として知られるMOZが提供する被リンクチェックツールです。

Link Explorer(旧 Open Site Explorer)


Link Explorer(MOZ)

おすすめ度

おすすめ度:◎

調査したいWEBサイトのURLだけで、被リンクの状況を調べることができます。被リンク数や被リンクのドメイン数などの被リンク調査はもちろん競合サイトの被リンク調査にも使用できます。

Link Explorer の最大の特徴は、MOZ独自の指標によりWEBサイトの権威性(オーソリティ)や信頼性が数値化されて把握できることです。

Link Explorerの数値が高いほどSEOにおける評価も高い傾向にあるため、競合サイトと比較して数値が低い場合は被リンクの見直しが必要です。

価格帯

Link Explorerのアカウント登録は無料で、無料版と有料版、30日間の無料トライアルがあります。

無料版は1日にチェックできる回数に限りがあるため、自社サイトの被リンク調査、分析、競合調査を行う場合は有料版のご利用をおすすめします。

【月額費用】

・スタンダード: 99ドル
・ミディアム: 179ドル
・ラージ: 299ドル
・プレミアム: 599ドル
・エンタープライズ:契約内容に応じてカスタマイズ可能

機能

Link Explorerは、集計した被リンクのデータ結果、被リンクの増減推移、リンク切れ状況(直近数ヶ月)、被リンクを受けているドメイン数、計測ドメインの評価、被リンクのアンカーテキスト、被リンクのスパムスコアなどを確認できる分析向きのツールです。

自社サイトだけでなく、検索順位に上位表示されている競合サイトの被リンク調査にも使えます。

独自の指標により被リンク元を分析し、被リンクのスパムスコアを判定します。スパムスコアが高い被リンクは、WEBサイトの評価に影響する可能性があります。

Link Explorerでスパムスコアが高めと判定された場合は、Googleサーチコンソールからリンク否認を行うなどの対処が必要です。

ツール名Link Explorer(MOZ)
おすすめ度
精度
日本語なし
価格帯無料版・有料版(30日間の無料トライアルあり)
機能・被リンク数
・被リンクのドメイン数
・リンク元のサイトドメイン
・リンク切れ状況
・アンカーテキストの分析
・WEBサイトのドメインオーソリティ
・WEBサイトのページオーソリティ
・被リンクのドメイン数
・被リンク状況のグラフ化表示
・計測ドメインの評価
・被リンクのスパムスコア
・リンク切れ情報
・競合サイトの被リンク状況
・被リンクデータのダウンロード(CSV形式)
6-3

Ubersuggest

Ubersuggestは、アメリカ出身のWEBマーケターであるニール・パテル氏が、開発・提供しているSEOツールです。

Ubersuggest


Ubersuggest

おすすめ度

おすすめ度:〇

Ubersuggestは、海外製のツールですが日本語にもしっかり対応しています。

被リンク調査はもちろんキーワードやトラフィック調査を行うこともでき、また、Chrome拡張機能も提供されており有用なデータが確認できるのも魅力です。

価格帯

Ubersuggestは、回数制限や一部機能に制限はありつつも無料使用が可能です。有料プランに加入すると、サイト改善アドバイスなどの機能も利用できるようになります。

【買い切り費用】

・パーソナル:¥29,990
・ビジネス:¥49,990
・エンタープライズ:¥99,990

【サブスクリプション月額費用】

・パーソナル:¥2,999
・ビジネス:¥4,999
・エンタープライズ:¥9,999

機能

「被リンク」「キーワード」「トラフィック」などの機能が使えて、競合サイトのデータも確認できます。拡張機能を使えば、普段の検索行動の中でもデータを閲覧できるという点も魅力です。

被リンク調査の点で言うと、「被リンクのチャンス」という機能があります。自社サイトと競合サイトのドメイン(またはページ)が簡単に比較することができて、被リンクの違いについて調べることができます。

使い方は、自社サイトと競合サイト(最大5件)のドメインを入力し、「検索」ボタンをクリックするだけです。競合サイトは獲得出来てて自社サイトでは獲得できていない被リンク情報が一覧で表示されます。

ツール名Ubersuggest
おすすめ度
精度
日本語あり
価格帯無料版・有料版(買い切り、サブスクリプション)
機能・被リンク数
・被リンクのドメイン数
・リンク元のサイトドメイン
・リンク切れ状況
・アンカーテキストの分析
・被リンクのドメイン数
・被リンク状況のグラフ化表示
・計測ドメインの評価
・被リンクのドメインスコア
・リンク切れ情報
・競合サイトの被リンク状況
・自社にない被リンク検出
・被リンクデータのダウンロード(CSV形式)
6-4

Majestic SEO

Majestic SEO(マジェスティック エスイーオー)は、イギリスのMajestic社が提供する被リンクチェックツールです。

Majestic SEO


Majestic SEO

おすすめ度

おすすめ度:○

Majestic SEOは、独自の指標をもとにWEBサイトに貼られているトラストフロー(被リンクの品質)を数値化して表します。

トラストフローだけでなく、WEBサイトへの影響力を表すサイテーションフローや被リンクのアンカーテキストなども分析できます。

月額費用が比較的安価であること、抽出可能な被リンクデータ量が多いこと、競合サイト調査やスコアの比較ができるなど、被リンクの分析に定評があります。

価格帯

Majestic SEOのアカウント登録は無料です。無料版で一部の機能を使えますが、1日の利用制限があります。
LITE版は月額49.99ドルで、解析可能被リンク数の上限は1億です。

【月額費用】

・LITE:49.99ドル
・PRO:99.99ドル
・API:399.99ドル

機能

調査、分析したい対象サイトのドメインやURLを入力して解析します。

WEBサイトの被リンク数や、リンク元のドメイン数などの被リンク調査の他、Majestic SEO独自のトラストフローとサイテーションフローという指標により被リンクの質やWEBサイトへの影響力を数値化します。

良質な外部サイトから被リンクを多く獲得しているWEBサイトほどトラストフローが高くなる傾向にあり、反対に、低品質な被リンクを多く獲得しているWEBサイトはトラストフローが低くなる傾向にあります。

競合サイトの調査や分析にも使えるMajestic SEOは、検出できる被リンク数が多いことが大きな特徴です。

ただ、検出した被リンクの中には効果の薄い被リンクも存在するため、リンク状況を正確に確認することを目的とした使用には不向きです。

自社サイトと競合サイトのスコアの比較や被リンク数の増減推移、アンカーテキストなどを把握する目的での使用におすすめします。

ツール名Majestic SEO
おすすめ度
精度
日本語あり
価格帯無料版・有料版
機能・トライフロー(被リンクの品質)
・サイテーションフロー(WEBサイトへの影響度)
・被リンク数
・被リンクの増減推移
・リンク元のサイトドメイン
・被リンクのドメイン数
・新規の被リンク情報
・リンク切れ情報
・被リンクのアンカーテキスト
・被リンクが貼られたエリア(位置)
・被リンクを受けているページと404エラーの有無
・複数ドメインの比較
・競合ドメイン情報
・一括被リンクチェック
・被リンクデータのダウンロード(PROプラン)
・被リンク履歴(PROプラン)
6-5

SEMrush

SEMrush(エスイーエムラッシュ)は、競合分析やSEO対策、広告戦略に役立つSEMツールキットです。

SEMrush


SEMrush

おすすめ度

おすすめ度:○

提供元は海外の企業ですが、日本語版の取扱いもあり、世界中に300万人のユーザーを抱える有名ツールです。

被リンクチェックに限らず、WEBサイトへのアクセス解析など、SEMに必要な機能がすべて簡潔するツールをお探しの方におすすめです。

価格帯

SEMrushは有料のSEMツールキットです。14日間の無料トライアルは、SEMrushの全ての機能を体験できます。

【月額費用】

・プロ:月額 119.95ドル
・グル:月額 229.95ドル
・ビジネス:月額 449.95ドル

機能

Googleサーチコンソールと連携することで、SEMrush上で対象サイトの全ての被リンクをチェックできます。

被リンク数をはじめ、どの外部サイトから被リンクを獲得しているか、獲得している被リンクのアンカーテキストの状況など、被リンクを最適な状態に保つための便利な機能が揃っています。

ツール名SEMrush
おすすめ度
精度
日本語あり
価格帯有料(14日間の無料トライアルあり)
機能・被リンク数
・被リンクの参照ドメイン
・被リンクの参照IP
・被リンクのアンカーテキスト
・followとnofollowのリンク
・被リンクのオーソリティスコア
・新規で獲得した被リンク
・喪失した被リンク
・被リンクの増減推移
7

まとめ

今回は、被リンクチェックツール(無料・有料)を8つ紹介いたしました。

SEO対策で検索結果の上位を目指すなら、定期的な被リンクのチェックと、競合サイトとの差分チェックを行い、良質な被リンクを増やしていきましょう。

また、スパム判定を受けないように、悪質な被リンクはGoogleサーチコンソールを通して否認申請して解消しておきましょう。

最適な被リンク対策を行うことが検索結果の改善への近道になります。

ホワイトリンク 記事内用バナー

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧