MEO対策 MEOを外注する前に確認!注意すべきMEO業者の特徴

MEOを外注する前に確認!注意すべきMEO業者の特徴のサムネイル画像

ローカルビジネスでの集客方法でMEO対策に取り組む企業が年々増えていますが、これからMEO対策やGoogleビジネスプロフィールの運用を外注するオーナーも多いのではないでしょうか?本記事ではMEOの外注で失敗しないためのインフォメーションとして、注意した方が良い業者の特徴やガイドライン違反になる対策を詳しく解説します。

1

注意すべきMEO会社の特徴

MEO対策を提供している会社の中にはMEOやGoogleビジネスプロフィールの運用ノウハウが無いにも関わらず高額な費用でサービス提供をしている会社が一定数存在しています。

また、ある程度の施策はおこなうが契約内容が一方的、対策内容を公開していない、など不透明な内容のサービスを提供している会社もあります。

ただ、殆どの方はある程度の成果が出れば「MEOはこのようなものなのかな?」と考えるため依頼している会社が適切な対策や運用をおこなっているか判断するのが難しいです。

また、導入を検討する際もどこの会社が良いのかを判断するのが非常に難しいです。今回はMEO会社に依頼する上で、悪質なMEO会社や注意すべきMEO会社の特徴と契約前に確認しておきたいポイントについて解説します。

本記事で紹介した特徴に該当するからと言って悪徳業者と決めつけるのは難しいですが、多くの項目に該当する場合は注意が必要です。

業者選定をする上での参考になれば幸いです。
それでは、注意すべき業者のポイントを紹介していきます。

1-1

契約終了後にGoogleビジネスプロフィールを削除される

MEO対策をおこなうには、Googleのビジネスプロフィールを作成し、オーナー認証をおこなう必要があります。

MEO対策だけではなく、ビジネスプロフィールの作成とオーナー認証の作業を代行してくれる会社もありますが、オーナー認証をMEO会社のアカウントでおこなった場合「メインのオーナー」の権限がMEO会社になります。

メインのオーナー権限はビジネス情報を削除する権限をもっているため、MEO会社に契約終了を伝えると「こちらで作ったアカウントなので削除します」と言われてビジネス情報を削除されてしまいます。

お店自体の運営をやめるのであれば問題無いですが、継続する場合はビジネス情報を削除されると獲得した口コミや投稿した写真などが全て消えてしまいます。

実際に、「効果が無いので契約は解除したいが、解除してビジネス情報が削除されると口コミが無くなってしまうため解除できないので続けている」という店舗運営者の方も多くいます。

MEO会社と契約を行う場合は、契約を解除した場合、ビジネスプロフィールをそのまま引き継げるのか契約前にしっかりと確認しておきましょう。

1-2

契約終了後にMEO施策を元に戻される

前項で記載した、「ビジネス情報を削除される」に似ていますが、こちらは契約終了後に施策してもらった項目を施策前の状態に戻されるパターンです。

施策前の状態にもよりますが、アカウント作成から依頼した場合は殆どの項目内に入れた情報が削除されるため検索順位が契約終了と共に下落する可能性があります。

こちらも契約前に確認しておくべき項目ですが、もしすでに契約をしている場合は情報の項目や写真のバックアップを取っておくようにしましょう。

1-3

成果報酬の順位計測をお店の住所でおこなっている

MEO会社が提供するサービスプランで多い成果報酬型ですが、成果報酬の場合は、ランクインした場合のみ課金される仕組みのため、リスクの無いサービスに思えますが、Googleマップ内の検索結果は検索するユーザーの位置情報によって変わります。

そのため、検索順位を計測する位置を自身が運営する店舗に設定した場合は、他のエリアで検索をするよりも自分のビジネス情報が上位に表示されやすくなります。

その結果

  • お店から検索したら1位なので課金される
  • 対象エリアの中心部や駅から検索すると3位以内に表示されない

といった現象が起きる可能性があります。

上記のように、お店から検索順位を調べた場合だけビジネス情報が上位に表示されても集客には繋がらないため、成果報酬で課金される費用だけかかってしまいます。

このようなケースを避けるために、どの地点で順位計測をしているかを契約前にすり合わせておきましょう。

1-4

順位計測の計測方法を開示していない

上記項目に近いですが、順位計測の方法を開示していない場合は要注意です。成果報酬でなく月額固定の場合でも、レポ―トや順位計測ツールに表示される順位を意図的に上位に表示させるために、お店がある地点で順位計測をおこなっている場合があります。

順位計測の方法を営業マンに確認した際に、しっかりと回答してくれる会社を選ぶようにしましょう。店舗運営者とMEO会社双方で確認する際に、一番基準となりやすいのは「Googleの広告プレビュー」を使って順位計測することです。

広告プレビューでは確認したいエリアを広告プレビュー内で設定した状態で検索結果を確認することができるため、公平な状態で順位を確認することができます。

また、最近では複数の地点で順位計測できるツールもあります。

1-5

ビジネス名にキーワードを詰め込んでいる

Googleマップの検索エンジンに検索クエリとビジネス情報の関連度が高いと判断された場合、検索順位が上位に表示されやすくなる特性があります。

これを逆手にとってビジネス名にキーワードを多く詰め込む施策をおこなっている会社があります。順位は上がりますが、Googleのガイドラインには店舗名以外のキーワードは入れてはいけないと明記されているためガイドライン違反になります。

ガイドライン違反になると最悪ビジネス情報が停止もしくは削除されるため、こういった施策をおこなうMEO会社には注意しましょう。

ガイドライン違反例

ビジネス名のガイド違反例
1-6

住所にキーワードを詰め込んでいる

こちらは、上記と同じように検索クエリとビジネス情報の関連度を高める施策として「住所」にキーワードを入れるやり方です。こちらもガイドライン違反となるためブラックハット的なMEO対策となります。

また、住所にキーワードを詰め込むことで実際に店舗を探しているユーザーに正しい住所が伝わりづらくなります。サイテーション効果も落ちるため住所にキーワードを詰め込む対策をおこなっているMEO会社には注意しましょう。

また、第三者が情報の修正をおこない正しい住所で申請すると、殆どの場合は元の住所に戻されるため検索順位は下降し効果は一時的となります。

ガイドライン違反例

ビジネス情報の住所にキーワードを入れているパターン
1-7

口コミを代行している

口コミの件数と評価は検索結果に影響があります。
ただし、費用を払って口コミを集める行為はガイドライン違反になるため口コミを代行する業者には注意が必要です。

近年、Googleは不正な口コミに対しての取り締まりを強化しています、同一のIPアドレスやデバイスからの口コミはGoogleに削除される可能性があります。

口コミ投稿を偽装することはスパム行為であり、ペナルティの対象となる行為となるため口コミ代行をおこなっている会社やMEO会社には注意しましょう。

1-8

ビジネスプロフィールの項目を埋めることしかしない

悪徳ではありませんが、ビジネスプロフィールの項目を埋めるだけの対策であれば、自分でも少し勉強すれば簡単におこなうことができます。MEO会社の中には項目を埋める施策しかおこなわないにも関わらず、契約期間を設けて毎月費用を請求する会社があります。

この場合、最初に施策をおこなってから追加で行う施策はないため、初回施策時に効果が出た順位から変動することはありません。

1位に上がってしまえば問題はないですが、上がらなかった場合は無駄な費用を払い続けることになるため、どういった施策をおこなうのか契約前にしっかりと確認するようにしましょう。

ビジネスプロフィールの初期設定だけをおこなって欲しい場合は、初回費用のみ支払って設定してくれる業者に依頼しましょう。

1-9

難易度の低いキーワードだけ提案してくる

一部の成果報酬の会社に見られるのがこのやり方です。
成果報酬の場合は、ランクインしないと課金が発生しないため検索数が少なく、上位表示の難易度が低いキーワードだけを提案する会社があります。

検索数が少ないキーワードでランクインしても集客効果がないため、費用対効果が悪くなってしまいます。

MEO会社から提案されたキーワードが集客に繋がるのか自分で判断するために、Googleのキーワードプランナーで検索数を調べる、または実際にお客さんがどのように調べるのか調査をおこなった上でキーワードを決定しましょう。

もし不安な場合は、月額固定型のサービスでキーワード変更が可能なプランに申し込むと契約期間中でもキーワード変更ができるため安心です。

1-10

Googleビジネスプロフィールのガイドラインを把握していない

MEO対策をおこなうにあたりGoogleのガイドラインを把握することは重要です。ガイドラインを把握していない場合、意図せず違反をしてしまい、ペナルティの対象となりビジネス情報が停止される可能性があります。

ガイドラインは日々更新されるためMEO会社は常に最新の情報を把握しておく必要があります。

Googleビジネスプロフィール ヘルプ

1-11

Googleのパートナーと言って電話をかけてくる

Googleはビジネスプロフィールの作成やストリートビューの撮影に関して代理店制度を行っていますが、MEO対策のノウハウや技術提供をすることはありません。

Googleビジネスプロフィールで、技術的な提供をしているのは「予約」の項目に関連するプラットフォーマーだけになります。

「弊社はGoogleのパートナーなのでMEOの効果が出ます」
というような営業をする会社には十分注意してください。営業段階で悪意を持ってオーナーを騙そうとしているため、詐欺業者となります。

2

悪徳業者に依頼するデメリット

2-1

効果が出ないため費用が無駄にかかる

  • 検索数の少ないキーワードで対策をおこなう
  • 順位計測を店舗の住所でおこなう

など、成果を偽装するような会社で対策をおこなっても集客効果は出ないため、MEO対策に投資した費用が無駄になります。

2-2

ガイドライン違反でペナルティを受ける可能性がある

悪質な会社に依頼すると順位を上げるために、様々なガイドライン違反になる施策をおこないます。ビジネス名や住所にキーワードを入れる行為や、偽装して口コミ獲得をおこなう行為はスパム行為として今後厳しく取り締まられる可能性があります。

Googleビジネスプロフィールのヘルプには以下のように記載されています。

Googleビジネスプロフィールのヘルプ 違法行為


スパム行為をして順位を上げても効果は一時的となるため、このような施策をおこなっている会社には注意しましょう。また、悪意がない場合でもガイドラインを熟知していない会社に依頼したことでぺナルティになることもあるため注意しましょう。

ペナルティになると1回目は修正して申請をおこなうことで停止から復旧しますが、2回目は復旧するのに時間がかかり、最悪の場合ビジネス情報自体が削除されます。

3

注意すべきMEO会社を見分ける8の質問

悪徳な業者か見分けるために、事前に確認すべき質問を用意しました。
MEOを提供している会社を選定する際は以下の質問をおこない会社を見極めましょう。

質問①:契約終了後、おこなった施策を元に戻しますか?
質問②:契約終了後、継続して現在運用しているビジネスプロフィールを管理できますか?
質問③:ビジネス名や住所に多くのキーワードを詰め込む対策をしますか?
質問④:順位計測の方法はどのようにおこなっていますか?
質問⑤:口コミを代行して書いたりしますか?
質問⑥:最近ガイドラインに追加された項目を教えてください。
質問⑦:MEO対策で施策する項目を教えてください。
質問⑧:口頭やメールで契約ではなく契約書はありますか?


このような質問をおこない、本記事で解説した悪徳業者の内容に合致したサービス内容の場合や、営業マンの回答がうやむやの場合は注意してください。

4

まとめ

真っ当なMEO対策を提供している会社も多くある中で、一部悪質な業者がいるのも事実です。

MEO対策で効果を出すには、正しい知識とGoogleのガイドラインを熟知する必要があります。自分で対策をおこなうのが一番良いですが、「時間が無い」「やり方が分からない」場合はすぐに業者に依頼するのではなく、本記事を参考に事前に業者を見極められるようになってから依頼するようにしましょう。


ホワイトマップ 記事内用バナー


この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧