SEO対策 canonical属性の使い方!URLの正規化が必要になるケースとは?

canonical属性の使い方!URLの正規化が必要になるケースとは?のサムネイル画像

SEOでよく用いられる用語の中から、今回は「CANONICAL属性」の意味や重要性について解説します。

1

canonical属性の意味や重要性について

「canonical(カノニカル)属性」は、URLの正規化を行う上で重要な役割を持つHTMLタグの一つです。コンテンツが似ているWEBページが複数存在する場合には、検索エンジンにオリジナルのコンテンツであることを伝えるための役割を持ち、ページ評価を分散させない役割を果たします。

 

コンテンツが類似するページが複数存在するとコピーコンテンツとみなされ、検索順位に悪影響が生じる場合があります。このような悪影響を可能な限り回避するためには、canonical属性の特質や重要性をよく理解して、正しい使い方をすることがとても重要になります。

 

canonicalタグは<head>タグ内にrel=”canonical”を記述して、オリジナルコンテンツとしてGoogleに認知させたいURLを記述します。<body>タグ内にcanonicalタグを入れても検索エンジンに無視されてしまうため、必ず<head>タグ内に記述するようにしましょう。

2

URLの正規化が必要になるとき

WEBサイトのURLを正規化するときに重要な役割を持つcanonical属性ですが、実際に必要なるケースは以下のようにいくつかあります。

2-1

httpsとhttp、wwwあり・なしが併存しているとき

通常であれば.htaccessドットエイチティアクセスなどで正規化を行ってURLを統一できますが、記述の難易度が高いため、書き方が分からない場合やリダイレクト処理ができない場合にはcanonicalを使って直接URLを記述して正規化を行う必要があります。

同じ内容のコンテンツが表示されたWEBページがあった場合に、URLを見るとサイトやページによってhttpsとhttpが存在している、wwwのありなし、またはindex.htmlのありなし、といった様々なURLが共存していることがあります。

このようなケースは重複したページのURLが複数あると判断され、ページの評価が分散されてしまう恐れがあります。その場合、結果的にSEO順位において不利に働く可能性があるため、canonical属性を用いることでURLを正規化することが非常に重要になります。

2-2

類似した商品ページが複数あるとき

ネットショップサイトでは、一つの商品によってカラーバリエーションの違い、サイズの違いなどがあります。

これらの違いにより商品ページを複数運営していると、それらが全てが重複したページだと検索エンジンに認識されてしまう可能性があります。こうした状況を回避するためにも、canonical属性を使いURLを正規化することが推奨されています。

2-3

スマホサイトとPCサイトのURLが異なる場合

2016年にGoogleからモバイルファーストインデックスが公開されてからは、モバイルサイト、すなわちスマホサイトを軸に検索順位が評価されるアナゴリズムが採用されています。

こうした際に気を付けたいのが、スマホサイトとPCサイトのURLが異なるといった状況です。スマホサイトとPCサイトで全く違ったコンテンツを掲載する場合には問題ないですが、同じコンテンツを両サイトに掲載する場合にはURLの正規化を行います。

スマホサイトとPCサイトのURLを正規化する場合はPCサイトを正規ページとしますが、PCサイト側にはalternate属性を使いスマホサイトの存在を知らせる設定を行います。そして、スマホサイトにはこのページがPCサイトのスマホページであることをGoogleに伝えるために、canonical属性のリンク先をPCサイトのURLを記述します。

2-4

AMPを実装している場合

AMPアンプは、モバイルサイトを閲覧する際にページを高速表示させるために開発されたオープンソースプロジェクトです。

このAMPを実装しているケースでは、AMPに対応しているページと非対応のページの二つが存在している場合があります。この場合も二つのページが重複して存在しているため、canonical属性を使ってURLを正規化する必要があります。
 
▸ 「AMP」ページの表示速度が与える順位への影響について | SEO World
 


Googleの検索エンジンはコンテンツが重複したページを嫌い、同じコンテンツで異なるURLのページが複数存在すると、コピーコンテンツとみなされて低評価を受ける可能性が高まります。

.htaccsessでリダイレクト処理がきちんと行われていれば、このようなページの評価が分散して評価を落とす心配はありません。

 

しかしながら、今回解説したようにスマホサイトとPCサイトのURLが異なるケースや、AMPを実装するケースなどではcanonical属性の設置方法が異なるため、使い方や特性などをよく理解したうえで、必要に応じてcanonicalタグを設定するようにしましょう。

 

以上、「canonical属性」の意味や重要性についての解説でした。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧