MEO対策 Googleビジネスプロフィール登録方法│初めてでも簡単、図付解説

Googleビジネスプロフィール登録方法│初めてでも簡単、図付解説のサムネイル画像

Googleビジネスプロフィールの登録する事でGoogleマップ上に自分のお店の情報を表示させる事が出来るようになります。今回は誰でも簡単に登録が出来るようにビジネスプロフィールの登録からオーナー確認まで図付で説明します。

目次
  1. Googleビジネスプロフィールの登録手順
    1. Googleビジネスプロフィール【登録の流れ】
    2. Googleビジネスプロフィール【2つの登録方法】
  2. Googleアカウントの準備
  3. Googleマップに店舗情報が表示されているかを確認
    1. Google検索で確認
    2. Googleマップで確認
    3. オーナー確認は店舗情報内で確認
  4. Googleマップに店舗が表示されている場合の手順
    1. STEP1:ナレッジパネルからログイン
    2. STEP2:[今すぐオーナー確認]をクリック
    3. STEP3:確認方法を選択
    4. STEP4:ビジネス情報を登録修正する
  5. Googleマップに登録されていない場合の手順
    1. STEP1:Googleビジネスプロフィールの登録ページにアクセス
    2. STEP2:[ログイン]をクリックしてログイン
    3. STEP3:ビジネス名とカテゴリーを入力
    4. STEP4:Googleマップ上にビジネス情報を表示するかどうかを選択
    5. STEP5:ビジネス所在地を入力
    6. STEP6:ビジネス拠点以外でも接客を提供するかどうかを選択
    7. STEP7:サービス提供地域を追加(省略可)
    8. STEP8:連絡先情報の入力
  6. Googleビジネスプロフィールの登録でよくある質問
    1. Q.ハガキが届かないときはどうする?
    2. Q.オーナー確認ハガキを紛失したらどうする?
    3. Q.有効期限切れのオーナー確認コードは使える?
    4. Q.ハガキが届く前に住所を更新するとどうなる?
  7. Googleビジネスプロフィールの登録後にやる事
1

Googleビジネスプロフィールの登録手順

1-1

Googleビジネスプロフィール【登録の流れ】

最初に登録の流れを説明します。
Googleビジネスプロフィールの登録は、以下4つの手順で行います。

①Googleアカウントの開設

②Googleマップに店舗情報が表示されているかを確認

③Googleビジネスプロフィールの登録
 →登録されている場合は、登録情報の確認修正とオーナー認証の申請
 →登録されていない場合は、新規登録とオーナー認証の申請

④認証コードを入力してオーナー認証を完了させる

Googleビジネスプロフィールに登録するのにかかる時間はおよそ5分から10分程度です。初心者でもこの解説を見れば簡単にできるのでチャレンジしてみましょう。


1-2

Googleビジネスプロフィール【2つの登録方法】

アカウント開設をする前に、Googleビジネスプロフィールの登録には2パターンの登録方法がある事を説明します。

Googleマップに店舗を登録する事は、お店の運営者以外も出来るため、昔から営業している店舗などは既に店舗情報が表示される場合があります。逆にこれからお店をオープンさせる場合や移転する場合は登録がされていないため、自身で登録を行う必要があります。

Google ビジネスプロフィール 登録方法フロー図

この後、登録作業の解説で店舗のビジネス情報が表示されているかの確認方法などを詳しく解説していきます。


2

Googleアカウントの準備

既にGmailやGoogleアカウントを利用している場合はそのまま使う事が出来ます。

個人で管理していく場合はこれで問題ありませんが、従業員を含めて複数人で管理する場合はアカウント情報を共有する事になるので注意が必要です。

その場合はプライベートで使っているアカウントは使わずに、Googleビジネスプロフィール管理用のアカウントを新規で作り、スタッフ内で共有するようにしましょう。

ただし、上記方法の場合はスタッフが退職した場合はパスワードを変更しないと勝手にログインされる恐れがあります。そういった懸念がある場合はスタッフ毎にメールアドレスを作り、ユーザーごとに権限を付与する形で登録しましょう。

ユーザー毎に登録をすれば、退職者が出た場合はユーザーから削除するだけでログインできなくなります。

Googleアカウントの開設は【Google アカウントの作成】ページから行います。


3

Googleマップに店舗情報が表示されているかを確認

先ほど解説した店舗情報が既に登録されているかどうかを確認します。

Googleビジネスプロフィールとして店舗情報が表示されているかどうかは、以下の方法で確認できます。


3-1

Google検索で確認

パソコンやスマートフォンのブラウザでGoogle検索をします。

店名、店名+住所、住所、WEBサイトのURLなどで検索すると、すでにGoogleビジネスプロフィールが既に登録されている場合は、Google検索結果の右側にあるナレッジエリアと呼ばれる部分に店舗情報が表示されます。

Google 検索での表示画面



3-2

Googleマップで確認

Googleマップを開き、検索窓に店名、店名+住所、住所、WEBサイトのURLなどを入力して検索をします。すでにGoogleビジネスプロフィールに登録されている場合は、候補の一覧に該当する店舗情報が表示されます。

Google マップでの表示画面

Googleマップで検索しても該当する情報が表示されない場合は、所在地の住所に地図を合わせて拡大すると店舗名が表示されることがあります。


3-3

オーナー確認は店舗情報内で確認

オーナー確認が済んでいるかもここで確認しておきましょう。

Googleビジネスプロフィールのオーナー確認が済んでいるかどうかは、検索結果の店舗情報内で確認できます。Google検索やGoogleマップの検索結果に表示された店舗情報内に、「ビジネスオーナーですか?」をクリックするとわかります。

オーナー確認手順①


オーナー認証が済んでいる場合は以下のように画面になります。この場合は既に登録が完了しているためアカウントを管理したい場合はアクセス権限のリクエストを行う必要があります。

オーナー確認手順②


オーナー権限のリクエスト方法は別記事からご確認ください。
Googleビジネスプロフィール既に他人がオーナーになっているアカウントへ権限のリクエスト方法



4

Googleマップに店舗が表示されている場合の手順

4-1

STEP1:ナレッジパネルからログイン

ナレッジパネルに表示されている「ビジネスオーナーですか?」をクリックし、GoogleアカウントでログインするとGoogleビジネスプロフィールマネージャーのダッシュボードに移動します。

※ナレッジパネルとは、店舗名や屋号名でGoogle検索した際に右側に表示される店舗情報の事を指します。


4-2

STEP2:[今すぐオーナー確認]をクリック

ダッシュボードに入ったら、画面中央にある[今すぐオーナー確認]をクリックします。


4-3

STEP3:確認方法を選択

オーナー確認の申請を行う方法を選択します。

・電話番号
・ハガキ
・テキストメッセージ
・メール
・動画

で申請が行えます。

申請方法は業種や一般公開されている情報・地域・サポート受付時間などによって異なります。

一般的には「電話」「ハガキ」が多いです。

電話を選択出来る場合は電話を選択しましょう。
理由は電話を選択した場合、登録されている番号にGoogleから電話があり自動音声でコードが読み上げられます。コードを入力するとオーナー認証が完了するため時間がかかりません。

ハガキを選択した場合は、コードが郵送されるため到着するまでに数週間の時間がかかります。
ハガキの場合は以下手順になります。

①[ハガキ送付]をクリック

②ビジネスの拠点住所に確認ハガキが届く

Googleビジネスプロフィールの拠点住所に1~2週間ほどで確認ハガキが届きます。
確認ハガキを受けとってオーナー確認作業をするまでは、以下のような注意点があります。

・店舗名や住所などの更新はしない
・30日の有効期限を過ぎる前にオーナー確認作業をする
・確認ハガキが届かない ※紛失した場合はGoogleに問い合わせる

③記載されている確認コードを入力

Googleビジネスプロフィールにログインします。
Googleビジネスプロフィールのダッシュボードにある[今すぐオーナー確認]をクリックし、確認コードを入力します。

これで、オーナー確認は完了です。

【関連記事】
Googleビジネスプロフィールのオーナー確認方法・できない場合の対処法を解説



4-4

STEP4:ビジネス情報を登録修正する

ビジネスプロフィールマネージャーの情報ボタンから各種項目を登録修正してください。

営業時間・ビジネスの説明文・WEBサイトのURL・予約用のURLなどが設定できます。


5

Googleマップに登録されていない場合の手順

Google上に店舗情報が表示されない場合は、以下手順でGoogleビジネスプロフィールの登録とオーナー確認を行います。


5-1

STEP1:Googleビジネスプロフィールの登録ページにアクセス

Googleビジネスプロフィールの登録ページにアクセスします。


5-2

STEP2:[ログイン]をクリックしてログイン

画面右上の[ログイン]をクリックし、Googleアカウントを入力してログインします。

Google アカウントログイン画面


5-3

STEP3:ビジネス名とカテゴリーを入力

ビジネス名を入力します。

この時にビジネス名にキーワードや地域などを含めるのはガイドライン違反になるため、正しいビジネス名を入力しましょう。

次にカテゴリー名を選択します。

自身のビジネスに関連するカテゴリーを入力すると候補がプルダウンで表示されるので、マッチしたカテゴリーを選択します。

ビジネスプロフィール作成画面 ビジネス名


5-4

STEP4:Googleマップ上にビジネス情報を表示するかどうかを選択

ユーザーがお店やサービスを検索した際に、GoogleマップやGoogle検索にビジネス情報を表示するかどうかを選択します。今回はGoogleマップ上にビジネス情報を表示させたいので、[はい]にチェックをして[次へ]をクリックします。

ビジネスプロフィール作成画面 表示の選択


5-5

STEP5:ビジネス所在地を入力

店舗や企業の住所を入力します。

ビル名などがある場合は「行を追加」ボタンをクリックして改行して入力しましょう。

ビジネス名と同じように住所にキーワードを含めるのはガイドライン違反になるため正しい住所を入力してください。

〇 東京都渋谷区神泉町1-1
✕ 東京都渋谷区神泉町1-1 ITコンサル

ビジネスプロフィール作成画面 所在地


5-6

STEP6:ビジネス拠点以外でも接客を提供するかどうかを選択

商品配達や出張型のサービス提供を行っている場合は、[はい、ビジネス拠点以外の地域でもサービスを提供しています]にチェックを入れて[次へ]をクリックします。

ビジネスプロフィール作成画面 配達


5-7

STEP7:サービス提供地域を追加(省略可)

出張型のサービスや商品の配達を行っている場合は対応可能なエリアを入力します。
この項目は後から追加、変更も可能です。

ビジネスプロフィール作成画面 サービス提供地域


5-8

STEP8:連絡先情報の入力

連絡先情報として、お問い合わせ電話番号やウェブサイトのURLを入力します。

連絡先情報を入力し、[次へ]をクリックするとGoogleビジネスプロフィールへの登録が完了です。

ビジネスプロフィール作成画面 連絡先情報


Googleビジネスプロフィールへの登録が完了したら、次に「Googleビジネスプロフィールのオーナー確認」を行います。オーナー確認の方法は先ほど説明したやり方と同じになります。


6

Googleビジネスプロフィールの登録でよくある質問

登録する際にオーナー確認(ハガキ)に関する質問が多いため、Googleビジネスプロフィールのオーナー確認に関してよくある質問とその回答をまとめています。


6-1

Q.ハガキが届かないときはどうする?

A. Googleビジネスプロフィールに問い合わせます。

郵送ハガキは通常14日以内に届きます。もし、14日以上経過してもオーナー確認ハガキが届かないときは、下記Googleビジネスプロフィール ヘルプセンターに問い合わせます。

Google ビジネスプロフィール問合せ


6-2

Q.オーナー確認ハガキを紛失したらどうする?

A.別コードをリクエストする必要があります。

オーナー確認のためのハガキは、通常14日以内に届きます。
届いたハガキを紛失してしまい確認コードがわからない場合は、下記の手順で新しいオーナー確認コードをリクエストします。

ステップ1:Googleビジネスプロフィールにログイン
ステップ2:紛失したハガキの対象となるビジネスを選択
ステップ3:[別のコードをリクエスト]をクリックして新しい確認コードをリクエスト


6-3

Q.有効期限切れのオーナー確認コードは使える?

A.使えません。

確認コードの有効期限は30日です。有効期限が切れている場合は使用できません。
下記の手順で新しいオーナー確認コードをリクエストし、再度ハガキを郵送してもらいます。

ステップ1:Googleビジネスプロフィールにログイン
ステップ2:有効期限切れの対象となるビジネスを選択
ステップ3:[別のコードをリクエスト]をクリックして新しい確認コードをリクエスト


6-4

Q.ハガキが届く前に住所を更新するとどうなる?

A.確認コードが無効になります。

ハガキが届く前にビジネスの住所や店名、企業名、カテゴリなどを更新すると、ハガキの確認コードが無効になります。確認コードが無効になった場合は、再度Googleビジネスプロフィールにログインをして新しい確認コードをリクエストします。

注: ハガキが届く前にビジネスの住所を更新した場合、コードは無効になりますので、新しいコードをリクエストしてください。


7

Googleビジネスプロフィールの登録後にやる事

登録が完了したら「写真をアップする」、「最新情報を定期的に投稿する」、「口コミが投稿されたら返信する」など積極的に更新しましょう。

積極的に更新を行う事で検索順位が上がる事が期待出来ます。

また、ユーザーから見た際の信頼性や安心感アップにもつながるため、登録したら終わりではなくしっかりと運用していきましょう。

MEO対策の外注をご検討されている方は、ぜひこちらのサイトをご覧ください。

ホワイトマップ

Googleマップ上での集客数・認知度を「最大化」するMEO対策です。


この記事を書いたライター

WEBマーケティング部

WEBマーケティング部

オルグローで現場の最前線で顧客と向き合う部署。
顧客の様々な課題に対して、SEMを駆使した解決方法の提案を行う。特に強みとして「顧客のビジネスをSEOでどのように加速させるか?」について、顧客のWEB集客に関する悩みや課題を引き出し、共に協働することで顧客のビジネスの成功に貢献している。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧