SEO対策 GoogleとYahoo! の検索アルゴリズムの違いとは?

GoogleとYahoo! の検索アルゴリズムの違いとは?のサムネイル画像

かつて、日本国内の検索エンジンはYahoo!がトップシェアでした。
しかし、世界的にGoogleの利用者が増えた影響もあり、現在ではGoogleが日本国内での検索エンジンシェアトップを誇っています。

Yahoo!では、2010年12月1日からGoogleの検索エンジンを導入しています。
検索ユーザーの要求に応えるには、Googleのアルゴリズムの方が優秀だと判断したからです。

そのことをご存知の方の中には「検索エンジンは同じなのに、GoogleとYahoo!では検索結果が違う」と感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、気になる「GoogleとYahoo!の検索アルゴリズムの違い」について解説します。
※記事内の「Yahoo!」は「Yahoo! JAPAN」を指しています。

1

GoogleとYahoo!で表示されるサイトの違い

GoogleYahoo!の検索アルゴリズムの違いがよく分かるのが、検索結果に表示されるサービスの違いです。

1-1

GoogleとYahoo!で提供されるサービスの違い

例えば、Googleで「コーヒー」と検索した場合、検索結果の一番上にはGoogleマップが表示されて近くのカフェや喫茶店を紹介してくれます。
一方、Yahoo!で「コーヒー」と検索した場合、検索結果の一番上にはYahoo!ショッピングが表示されます。
その他にも、Yahoo!の検索結果にはNAVERまとめや知恵袋、Yahoo!ニュースなど、Yahoo!独自の提携サービスが表示されます。


※上記画像は2020年5月現在

1-2

検索結果の違いはなぜ起こる?

GoogleとYahoo!は、どちらもユーザーにとって有益な情報をいかに提供するか、を重視しています。
ただし、Googleがインターネット上にある優良コンテンツを提供することで、ユーザーの要求を満たすのに対し、
Yahoo!はコンテンツの他に、運営するサービスを提供することでユーザーの要求に応えようとします。

このように、ユーザーの要求を満たすためのアプローチが、GoogleとYahoo!では異なるため、検索結果に表示されるサイトに違いが現れます。

2

検索サービスを利用するユーザーの違い

採用している検索アルゴリズムは同じですがGoogleとYahoo!では、利用する「ユーザー」が違います。

2-1

パソコンとスマートフォン

パソコンとスマートフォン、使うデバイスでGoogleとYahoo!のどちらを使うかが異なります。
日本国内の検索エンジンのシェアはGoogleがトップなのですが、パソコンからの利用者数でみるとYahoo!の方が多く使われています。
一方、スマートフォンではGoogleを活用するユーザーが多いです。

2-2

年齢層や性別

検索エンジンの利用者を性別に分けて見てみると、男性の方がやや女性よりも多くGoogleを使っています。また、年齢層でみると10代~50代半ばの利用者はGoogle、55歳以上の利用者はYahoo!を使用する方が多い傾向にあるようです。

この結果から、スマートフォンの使用率が高い若い世代はGoogleをよく利用することが分かります。一方、インターネットが普及し始めの頃から検索エンジンを使っている55歳以上の利用者は、Googleよりも早くサービスが開始されたYahoo!を今でも使い続けていることが分かります。

3

パーソナライズド検索による違い

パーソナライズド検索は、個人ユーザー向けに検索結果をカスタムで表示するための機能です。これまで利用した履歴などを考慮して、各ユーザーに合った検索結果を返すことができます。

3-1

GoogleとYahoo!のパーソナライズド検索の違い

同じパーソナライズ検索でも、GoogleとYahoo!では違いがあります。
検索ユーザーが過去に調べたキーワードや訪問したサイトの情報などを元に、ユーザーの検索動向を考慮した検索結果を表示させることから、Googleにおけるパーソナライズド検索の影響は大きいです。

Yahoo!もこのような機能を持ちあわせていますが、Googleに比べると機能による変化は小さいものです。パーソナライズド検索の機能が働いているときは、GoogleとYahoo!の検索結果に表示されるページやコンテンツは大きく異なる場合があります。

3-2

パーソナライズド検索を無効にする方法

より純粋な検索結果をみるには、パーソナライズド検索を無効にする必要があります。そこで便利な機能が、Google Chromeというブラウザにある「シークレットモード」です。
パソコンでWindowsを利用されている方はCtrl+Shift+n、Mac の場合は⌘+shift+nのキーを同時に押すと開けます。

ただ、シークレットモードで検索をしてもGoogleはユーザーの位置情報を認識してしまうので、完全に無効な状態での検索は難しいようです。

3-3

GoogleとYahoo!それぞれにSEO対策は必要?

結論から言うと、Googleの検索エンジン向けに対策をしていれば、別途Yahoo!の検索エンジン向けに対策をする必要はありません。
Googleに対してSEOを行えば、Googleの検索エンジンを採用するYahoo!のSEO対策にもなるからです。


日本国内における検索エンジンのシェア率は、Yahoo!検索エンジンが約3割、Google検索エンジンが約6割です。2010年以降、Yahoo!でGoogleの検索エンジンを使用しているため、実質Googleが国内の検索エンジンのシェア率の約9割を保持していることになります。

 

SEO観点で見れば、Yahoo!に対して何か特別なSEO対策を行う必要はなく、Googleに対してSEO対策を行えば大丈夫というのが現状です。

 

以上、「GoogleとYahoo!の検索アルゴリズムの違い」についての解説でした。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧