SEO対策 リンクレピュテーションとは

リンクレピュテーションとはのサムネイル画像

WEBマーケティングやSEOでよく用いられる用語の中から、今回は「リンクレピュテーション」の意味やリンクレピュテーションを意識したSEO対策について解説します。

1

リンクレピュテーションの意味は?

「リンクレピュテーション」とは、検索エンジンがWEBサイトのリンク元に貼られたアンカーテキスト内の情報をもとに、リンク先のWEBページの内容を判断して評価をするアルゴリズムのことを指します。「レピュテーション」とは直訳で「評価」「評判」という意味になります。

Googleのロボット型検索エンジンは、ハイパーリンクのテキスト部分にあたるアンカーテキストが、リンク先のページの内容を適切にナビゲーションしているかどうかを判断します。WEBサイトの評価を内部要因だけでランキングを決定すると、その内容が必ずしも検索ユーザーの意図を満たすものとは限りません。なので、外部要因として外部のWEBサイトからのリンクのアンカーテキストをリンク先のサイトの「評価」として扱います。そのため、適切なアンカーテキストで評価(レピュテーション)されているサイトほど、検索上位に表示されやすくなります。

2

リンクレピュテーションを意識したSEO対策

Googleの検索エンジンは、ユーザーが検索するときに入力したキーワードの意味を理解し、その検索意図をより正確に判断できるほど機能や精度が向上しています。さらに、Googleの方針に見合うユーザーファーストなWEBサイトほど検索上位に表示させるなど、ユーザー体験や満足度を向上させようと日々検索エンジンの改良を行っています。

検索エンジンのアルゴリズムの一つであるリンクレピュテーションは、「他サイトが自サイトをどのように表現(評価)しているのか」を判断する材料として外部リンクのアンカーテキストを利用します。
なので、リンクをもらう際はリンクレピュテーションにターゲットキーワードが入るようにtitleタグや主要ページにキーワードを入れるなどの工夫が必要となります。
また、検索エンジンではリンクレピュテーションを重要な要素とする傾向にあることから、「アンカーテキストに重要なキーワードを入れる」「アンカーテキストに関連性の高いキーワードを含める」など、リンクレピュテーションを意識したSEO対策を行うことが大切です。

この考え方の応用として、WEBサイト内でのページからページのリンクテキストも遷移先のページ内容を的確に表すようなリンクテキストを設定するとSEO効果が得られるといわれています。


以上、「リンクレピュテーション」の意味やリンクレピュテーションを意識したSEO対策についての解説でした。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧