MEO対策 MEO対策の料金・費用相場とは?価格を決める9つの項目

MEO対策の料金・費用相場とは?価格を決める9つの項目のサムネイル画像

MEO対策会社を選ぶ際に料金で比較する方が多いですが、費用の相場を知らなければ比較はできません。そこで今回はこれからMEO対策を業者に依頼しようとしている方向けに、MEO対策の費用相場と業者が費用を決めている項目について解説します。業者選びの参考になりましたら幸いです。

1

MEO対策の費用相場とは

MEO対策の費用には月額固定型、成果報酬型、払いきり型の3つがあります。

以下の表は種類別の費用の相場です。

月額固定型成果報酬型払いきり型
費用月額1万円~3万円1日1,000円~2,000円5万円~10万円


初期費用はプランに関わらず、1万円~5万円程度です。

初期費用はMEO対策を行うのに必要なGoogleビジネスプロフィールアカウントの作成、店舗名・住所などの基本的な情報入力、写真撮影など、対策前の準備にかかる費用をさします。

近年はGoogleビジネスプロフィールの登録が無料のため、初期費用がかからない業者が増えてきました。

初期費用がかかる場合は、どのような作業に対して費用がかかるのか業者に確認するようにしましょう。

成果報酬型は1日1,000円~2,000円が相場ですが、毎日ランクインした場合は1ヶ月で30,000円~60,000円ほどかかります。

2

MEO対策の費用の仕組みは3種類

ここからはMEO対策のプランによる費用の仕組みを1つずつご紹介します。

多くの業者は月額固定型と成果報酬型プランをサービス提供しています。MEO専門の業者ではあまりありませんが、払いきり型のプランを提供しているところもあります。

成果報酬と月額固定、どちらのプランを選択しても施策内容が大きく変わることはないため、自身の予算にあわせて選ぶようにしましょう。

2-1

月額固定型

月額固定型は上位表示された日数に関わらず、毎月決まった料金が発生します。料金が毎月一定のため、年間の予算が組みやすいのがメリットです。

また、複数のキーワードで上位表示されても固定の報酬だけ支払えば良いため、成果報酬型のプランに比べて費用が安いことがもう1つのメリットとなります。

デメリットは上位表示されなくても、毎月料金を支払う必要があることです。

上位表示されなくても顧客は対策費用を支払わなければならないため、MEO業者側もランキングを上げるだけではなく予約や来店数を増やすための施策、MEOの管理ツールなどの提供を行い、サポート体制が整っている会社が増えています。

2-2

成果報酬型

成果報酬型は成果があった分だけ報酬を支払うプランです。成果報酬の課金体系は以下のようになっています。

「エリア×サービス名」を組み合わせたキーワードを設定し、キーワードがランクインした日に課金が発生する仕組みです。

ランクインした場合の1日の課金額は業者によって異なり、1日1,000円~2,000円が相場になります。また、キーワード難易度によって課金額が変わる場合があります。

ランクインの基準も業者によってさまざまですが、3位以内に課金と設定している業者がほとんどです。

【成果報酬の計算方法】

1日1,000円だとして上位3位以内にランクインした日が25日だったとすると、25,000円がその月に発生した成果報酬の課金額になります。

成果報酬型は上位表示されなかった日は費用が発生しないため、月額固定型の上位表示されなくても固定で費用が発生するデメリットを解消したプランです。

しかし、競合が少ない地域やニッチなサービスを提供している業種では上位表示の難易度が低い為、コストが割高な成果報酬型を選んでしまうと費用対効果が悪くなる可能性があります。

自身が行っているビジネスやサービスの競合性、ランクインした場合に費用対効果が見合うのか?なども考えて、成果報酬型のプランを契約するか判断しましょう。

2-3

払い切り型

払いきり型はMEO対策専門会社以外の会社(店内ストリートビュー撮影会社など)が提供していることが多いプランになります。

払いきり型の費用の仕組みは、対策にかかる費用を最初にまとめて支払います。1度費用を払ったらその後の費用が発生しないため契約期間はありません。初回のみの支払いのためリスクも少なく導入しやすいプランとなっています。

デメリットは契約期間がないため、初期設定を行ったらそれ以降は対策を行いません。そのためGoogleのアルゴリズムの変動や、競合サイトの施策強化による順位変動には対応できず、効果が一時的なものになってしまう可能性があることです。

MEO専門業者で払い切り型を設定している業者が少ないのはそのためです。

3

MEO対策の価格を決める9項目

MEO対策業者は何を基準に費用を設定しているのでしょうか。MEOの対策業者は以下の9点を元に費用を決めています。

【MEO対策業者が費用を決めている項目】

・契約期間
・契約キーワード数
・対策キーワードの競合性
・対策店舗数
・対策内容
・初期費用
・順位計測ツール
・ビジネスプロフィール管理ツールの有無
・追加費用

3-1

契約期間

一般的にMEO対策の契約期間は、6ヶ月か12ヶ月に設定している業者がほとんどです。

MEO対策は数週間から1~2ヵ月で効果が出ることが多いですが、キーワードの難易度や競合の状況によって効果が出る期間は店舗によって差があります。

また、上位表示された場合でも順位をキープする施策をおこなう必要があるため、1ヶ月など短い期間で契約できる業者はありません。そのため6ヵ月~12ヵ月で依頼するオーナーが多いです。

契約期間の長さに応じて費用が安くなるプランを提供しているMEO会社もあるので、自身の予算計画に合わせて選択しましょう。

【MEO会社の契約期間ごとのプラン例】

・6ヶ月契約:月額30,000円
・12ヶ月契約:月額20,000円
・24ヶ月契約:月額15,000円

3-2

契約キーワード数

契約するキーワードの数で料金は異なります。

平均5個~10個のキーワードで対策するMEO会社が多く、対策キーワード数が少ないと費用が安くなり、対策キーワードが多いと費用が高くなる傾向にあります。

ただし、キーワード数はMEO対策の効果を出すためには重要な項目になり、キーワード数が少なすぎても多すぎてもいけません。

対策キーワードが1個~3個のように少なすぎる場合、流入経路を狭めてしまい問い合わせに繋がらない結果になってしまう可能性があります。

「特定のキーワードからの流入以外は来店に繋がらない」と明確なデータが出ている場合を除き、キーワード数を絞るのはやめておきましょう。

では、対策キーワードを多く契約すれば、その分流入経路も広がり流入数も増加するのではと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

対策するキーワードが多ければ良いかというとそうではありません。理由は割愛しますが、対策キーワードを広げすぎるとビジネスプロフィールの専門性が低くなりメインキーワードの順位が上がりづらくなる可能性があります。

集客ができる適正なキーワード数をきちんと提案してくれる業者を選びましょう。

3-3

対策キーワードの競合性

対策キーワードの競合性も費用が決まる項目です。

競合が多いキーワードの場合は、上位表示する難易度が高くなるため対策にかける人件費などのコストが増えます。

そのため、競合性が高いキーワードを選択すると費用が高くなる傾向にあります。

競合性が高いキーワードはランクインする確率が低くなるため、成果報酬型を選択することでリスクを軽減することができます。

3-4

対策店舗数

店舗やビジネスをされている方の中には複数の店舗の経営を行っている方も多いです。対策する店舗数が増えるほど、MEO対策の費用は上がります。

ただし業者にもよりますが、複数店舗契約することで2店舗目、3店舗目は安くなる業者があります。

複数のお店を対策・管理できるGoogleビジネスプロフィールを開発、もしくは導入している業者は複数店舗対策をするノウハウがある為おすすめです。

3-5

対策内容

MEOの対策は、Googleビジネスプロフィールの情報を充実させて検索で上位表示を目指すものです。

MEOの対策内容は主にGoogleビジネスプロフィールを用いて行われ、情報の編集の範囲や頻度は業者により異なります。

業者によっては、外部施策としてNAP情報の統一やポータルサイトへの登録を行ってくれるところもあれば、ビジネスプロフィールの修正だけしかしない業者もあります。

また、写真の追加や定期的な投稿など日々の運用作業も代行してくれる業者もあるため、どこまで対策を行ってくれるかでMEO対策業者を選ぶようにしましょう。

対策内容が充実している会社は費用が高額になる傾向がありますが、その分効果も期待できます。逆に、費用は安いが何をするか開示してくれない業者は注意する必要があります。

3-6

初期費用

MEO対策はSEO対策より初期費用が安いです。SEO対策はMEO対策よりも競合が多く、対策範囲がMEO対策に比べて広いため、初期費用が高めに設定されています。

MEO対策は業者にもよりますが、0円~5万円くらいに設定しているところが多いです。SEOと同じくらいの初期費用に設定している業者には、どうしてこの値段なのか、何にお金を使うのかを確認したほうがいいでしょう。

3-7

順位計測ツールの有無

MEO対策では毎日表示順位を計測し、順位の結果を見てより上位を目指します。

そのため、MEO対策をしている業者の殆どが順位報告をしてくれます。この報告が月に1回のレポ―トなのか、専用の順位計測ツールを提供してくれて毎日順位を確認できるかどうかで費用も異なってきます。

また、順位計測ツールを「自社開発」か「他社システム」なのかによっても費用は変わってきます。自社開発している場合は順位計測に関するデータを保有しているため、データを活用した対策をおこなうことができます。

日々順位が変わるMEO対策で継続的に成果を出すには、データを活用して「分析」→「施策」→「効果検証」をおこない、施策を強化していくことが必須のため、順位計測ツールが自社開発なのかどうかを確認するようにしましょう。

3-8

ビジネスプロフィール管理ツールの有無

Googleビジネスプロフィール管理ツールの有無も費用に関係しています。

管理ツールは「一括で複数の店舗を管理する機能」や、「競合サイトとの差分をデータ上で把握する」「定期的な投稿を自動化することができる」ようになります。

管理ツールを自社開発しているMEO業者の場合は、GoogleビジネスプロフィールAPIを利用しているため、MEOやGoogleビジネスプロフィールに精通している業者であり高い専門性があると考えられます。

また、管理ツールの利用方法を通して運用のノウハウやコツを教えてくれる場合が多いため、費用が割高になってもGoogleビジネスプロフィール管理ツールを提供している業者を選ぶのがおすすめです。

3-9

追加費用

他にも投稿などの運用代行の有無、ストリートビュー撮影の有無、写真撮影の有無、SNS代行の有無など、追加費用が発生するものが多いです。

業者によって費用がかかるかどうかが違います。自身が利用する業者に追加費用がかかるサービスが何かをあらかじめ確認したほうがいいでしょう。

4

MEO会社の所在地による費用相場の違い

検索ユーザーの所在地がランキングに影響され、所在地から近いサービスが上位に出てきます。
MEO対策の会社の所在地によって費用の相場は異なるのでしょうか。

MEO対策の所在地は関係ありません。どこに会社があっても費用の相場にそこまで違いはないため、全国各地のMEO対策会社からご自身の条件にあう会社を選んでみてください。

現在はオンライン化されているものが多く、業者が他県にあっても契約ができます。全国各地のMEO対策業者からご自身の要望や店舗、ビジネスに合う業者を選べます。

5

MEO対策の費用と効果の関係について

MEO対策で得られる効果は、来店数や問い合わせの電話の増加などです。これらの効果は費用を多く払えば、効果もその分出るのでしょうか。

答えはいいえです。費用は関係ありません。費用が高い会社に依頼したからといって、費用が安い会社よりも効果が出るとは限りませんし、倍の金額を払ったからといって、効果が2倍になるとは限りません。

MEO対策会社の実力次第で、効果は異なります。費用よりも「実績」「上位表示率」「対策手法」「付属ツール」などを見て選ぶといいでしょう。

6

MEO会社の選び方

MEO対策会社はたくさんあり、それぞれに特徴があります。

どうやって会社を選べば良いのでしょうか。会社を選ぶ際の注意点・ポイントは9つあります。特に大切なのは、依頼する業者が信頼できるかどうかです。複数の会社を比較して、選んでみてください。

【MEO対策会社を選ぶポイント】

・MEOに関する情報発信をしているか
・実績があるか
・料金プラン、契約期間
・キーワード選定
・Googleのガイドラインを遵守しているか
・順位計測ツールがあるか
・サポート体制がしっかりしているか
・契約内容を確認する
・他社の悪口を言っていないかどうか

MEO対策会社の選び方について、もっと詳しく知りたい方は以下のページを参考にしてみてください。

7

費用についてよくある質問

MEO対策の費用について疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。ここからはMEO対策の費用に関係がある質問の中でよくあるものを4つ紹介します。

7-1

MEO対策は業者に依頼すべき?

MEO対策はGoogleビジネスプロフィールを利用し行います。SEO対策よりもハードルが低く、業者に依頼しなくてもと考えている方が多いです。費用を抑えるためにも、MEO対策はご自身・自社で行う方もいらっしゃいます。

しかし、競合が多い場合などは多少費用がかかったとしても業者に依頼したほうがいいでしょう。競合が多いと上位表示が難しいです。業者であれば上位表示のノウハウがあります。

また、同じキーワードの競合が業者に依頼してMEO対策を行っている場合も業者に依頼するべきです。知識やノウハウがない素人と知識やノウハウがある業者となるため、勝つのは難しいです。競合が業者を利用して順位をあげているなら、こちらも業者に依頼したほうがいいでしょう。

7-2

MEO対策を始めてからどのくらいの期間で効果がでる?

MEO対策を始めてからどのくらいの期間で効果が現れるのか、費用を気にしている方は気になるのではないでしょうか。

業者によって変わってきますが、早ければ2週間~1ヶ月程度で効果が現れます。競合が多いと2ヶ月~3ヶ月かかるケースもあります。

7-3

いつまで契約を続けたらいい?

MEO対策の契約はだいたいが半年、または1年です。半年か1年で契約が切れますが中には自動的に契約更新される業者があります。契約が切れたら契約を更新するべきなのでしょうか。

Googleのローカル検索のアップデートは頻繁です。MEO対策は結果が出やすいですが、Googleアップデートが入り競合サイトが対策を強化すればランキングが下がる可能性があります。

そのため、成果が出たから契約期間終了とともに辞めるのではなく、予算的に余裕があるのであれば続けたほうがいいでしょう。

7-4

効果が出なかった場合、費用はどうなる?

MEO対策の知識やノウハウがある業者に依頼したけど、効果が得られなかったケースがあります。エリアや業種に競合が多いほど上位表示が難しいです。上位に入っていなければ、依頼した意味がないと考える方がいらっしゃいます。

しかし、上位表示が難しくても集客につながっていれば、費用がムダになっているわけではありません。インサイトデータなどで検索したユーザーが集客に繋がっているのかを確認してください。集客率が上がっていれば、業者が行っているMEO対策の効果が現れています。

順位も上がっていない、集客効果も出ていない場合は依頼している業者に連絡をして対応策を提示してもらうようにしましょう。

8

まとめ

MEO対策のプランの種類、費用の相場と業者が費用を設定している項目について解説しました。

MEO対策を業者に依頼する際はどの業者・プランにすればいいかなど、不安や疑問を抱える方は多いのではないでしょうか。

費用の相場やプランの違い、費用がどのように決められているのかを知っていれば、選定時に役立てることができます。ぜひMEO対策を依頼する際、業者選定時の参考にしてみてください。

弊社ではMEO対策に関するサービスやツールの提供を行っております。MEO対策に経験豊富なスタッフが詳細をヒアリングし、御社に合ったMEO対策方法をご提案いたします。MEO対策でお悩みの方は、ぜひお問い合わせください。

ホワイトマップ 記事内用バナー
MEOアナリティクス 記事内用バナー

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧