MEO対策 【MEO対策事例】「美容室・美容院」のキーワードに関する対策内容と実績

【MEO対策事例】「美容室・美容院」のキーワードに関する対策内容と実績のサムネイル画像

本記事では、「美容室・美容院」関連のキーワードに関する弊社の対策内容と実績についてまとめました。これから美容室・美容院関連のキーワードでのMEO対策を進めていく予定の方や、どのようにMEO対策を進めればよいか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

1

美容室・美容院 MEO対策の重要性

ローカルキーワードやユーザーの位置情報を利用したローカル検索が急増する現在、美容室や美容院などの店舗ビジネスを運営する上で欠かせない集客手段としてMEO対策の重要性が高まっています。

美容室・美容院関連の検索結果はポータルサイトが上位表示される事が多く、集客を目的にリスティング広告を利用すれば、大きなコストがかかります。

対してMEO対策は、登録すれば誰でも無料で始められるGoogleビジネスプロフィールを利用するため、低コストで店舗ビジネスを加速できます。

Googleビジネスプロフィールを強化し、対策キーワードで検索されたときに店舗情報が上位表示されているとユーザーに見つけてもらいやすくなり、来店数や予約数の増加など集客効果が期待できます。

今回は「美容室・美容院関連のキーワード」をテーマに、具体的な対策内容について紹介します。


2

「美容室・美容院」関連のキーワード選定

MEO対策の最初のステップとして行うのが、「対策キーワード選定」です。

地域性の高いキーワードで検索すると、検索キーワードと関連性が高い店舗情報がローカル検索結果に表示されます。

「美容室・美容院」関係のキーワードの場合、【店名+地域名】や【美容室+地名】のように、地名と併せて対策することが多いです。特に「美容室 ○○駅」と検索するユーザーは、「美容院に行きたい」、「○○駅に近い美容室に予約を入れたい」など目的意識が明確です。

最近は、【近くの美容院】のように、「近くの」というキーワードと業種カテゴリを併せて検索されたりされることもありますので、適切なキーワード選定をしていく必要があります。

【髪質改善+美容院】のように、メニュー名と併せて検索するユーザーは髪質を改善したいという悩みがあるので、上位表示された場合お問合せや予約につながりやすくなります。

【参考記事】
MEO対策キーワードの選び方を徹底解説!問い合せに繋げる選定のポイント



対策キーワードに地域名を入れる際にどのエリアまで範囲を広げれば良いかは、ビジネスプロフィールのインサイトの項目の一つ【ルートのリクエスト】を見ると参考になります。

<参考情報>
Googleビジネスプロフィールのインサイトの見方と活用方法

とある美容室・美容院さんが対策しているキーワード例をご紹介します。



3

「美容室・美容院」特有のMEO対策

「美容室・美容院」の分野で行うべきことは主に以下の5つです。

対策キーワードに対する順位の獲得、問い合わせの増加、来客促進などのために、どれも重要な対策になります。


3-1

ビジネスプロフィールの情報を充実させる

MEO対策を進めていくにあたり、重要なことの一つは、ビジネスプロフィールの情報を充実させることです。基本的に入力できる項目はすべて記載し、全ての情報が表示されるようにビジネスプロフィールの情報を最適化します。

「美容室・美容院」の分野では、特に営業時間と説明文の項目が重要です。営業時間が変わった時は営業時間の項目を変更し、ユーザーに正確な情報を提供しましょう。

【美容院+地名】で検索するユーザーは予約を入れたい、美容院に行きたい、など目的が明確なので、予約ができる場合は予約用のURLも入れておきます。


3-2

ビジネスプロフィールの「商品」「サービス」欄に商品・メニュー情報を掲載

ビジネスプロフィール内にある「サービス」欄にメニュー項目を入れます。商品を販売しているなら、ビジネスプロフィール内にある「商品」欄に商品項目を入れましょう。

美容室や美容院では以下のような項目を入れる事が多いです。

・カット
・パーマ
・カラー
・ストレートパーマ
・トリートメント
・髪質改善
・髪質改善コース
・カット&ヘアデトックスセット
・カット+ヘアカラー+トリートメントコース

店舗によりビジネスプロフィールのサービス欄に、「カット」や「カラー」など単品メニューを入れる事もあれば、「カット+ヘアカラー+トリートメントコース」のようにコースメニューを入れる事もあります。

単品メニューを入れる時は、「シャンプーやブロー料金込み」なのか、「別途シャンプーやブロー料金あり」なのか、内容や料金について詳しく記述しましょう。コースメニューを入れる時は、コースに含まれるメニューの内容や特徴などを詳しく記述しましょう。

「商品」欄に商品項目を入れる時は、ユーザーが商品をイメージしやすくなるように写真をそれぞれに用意しましょう。

また、美容院によってはスタイリストの写真と紹介を商品に入れている店舗もあります。どんな人がいるのか人目で分かるため、こちらもお問合せを増やすため効果的な施策になります。


3-3

美容室・美容院に関する定期的な投稿と写真掲載

ビジネスプロフィールには最新情報などを投稿できる機能や、写真・動画を追加できる投稿機能があります。


投稿

美容室・美容院さんの多くはイベントやキャンペーンなどの情報をお知らせページで更新している所が多いと思いますが、その内容とお知らせページのURLを入れて投稿すれば、新鮮で有益な情報を発信し続けることができます。

また、ブログを更新したら、ブログの内容とURLを入れて投稿するのも良いでしょう。

投稿機能は基本的に「最新情報の追加」「特典の追加」「イベントの追加」「商品の追加」という4つの投稿タイプが選択できます。(2020年4月からは「COVID-19の最新情報」タイプが追加されています)

美容室や美容院では以下のような内容を投稿する事が多いと思います。

・お店の最新情報やキャンペーン情報
・お店で働くスタッフの様子
・お店で販売している商品や新商品の紹介
・カットやカラーのスタイル
・スタイリングやセルフアレンジのやり方

投稿内容に応じて投稿タイプを選択し、お店のイメージアップや宣伝のためにビジネスプロフィールの投稿機能をうまく活用していきましょう。


写真・動画

写真や動画などのコンテンツを充実させましょう。ビジネスプロフィールの投稿写真が多い店舗は順位に影響があるだけでなく、お店の魅力を見込顧客にアピールしやすくなります。

例えば、お客様のビフォーアフターの写真や動画を定期的にアップする事で

・「ヘアカットの上手なお店」
・「いつもお客さんがたくさん来ている人気のお店」
・「新しいヘアスタイルや今流行りの髪型など最新トレンドを発信しているお店」

とユーザーに思ってもらいやすくなり、予約や来店につながりやすいです。

写真のタイプを選択するタブは、ロゴ・カバー・店内・外観・職場・チーム・動画などがあります。各タイプに合わせて出来るだけ多くの写真を掲載し、ユーザーに対してお店の魅力を視覚的にアピールしましょう。

投稿する写真は以下のポイントを意識する事で、ユーザーの目に留まりやすく、良い印象を与えやすくなります。

・ピントが合っている写真
・十分な明るさのある写真
・お店の雰囲気をありのままに伝える写真(過度な加工は避ける)
・写真のサイズや形を統一する

ビジネスプロフィールのインサイトでは、投稿写真の閲覧数を確認できます。インサイトのデータを参考にアップロードする写真や動画を工夫して、お問い合わせの増加や店舗集客の改善に活かしていきましょう。


3-4

クチコミを多く集める

これまで美容院や美容室の口コミは美容系ポータルサイトや口コミサイトに投稿されるのが殆どでした。しかし最近ではGoogleマップを利用する人が増え、それに伴いにユーザーがGoogleの口コミ機能を使ってレビューを投稿する機会が増えています。

Googleを使って「渋谷 美容院」と検索すると、一番上に「Googleマップ(Googleビジネスプロフィールの情報)枠」、その下に「自然検索枠」が表示されました。

ビジネスプロフィールの情報(Googleマップ枠)は、美容系ポータルサイト(自然検索枠)より上に表示される場合が多いため、Googleに投稿された口コミや評価をみて実際にお店を選んだり、電話をかけたり、予約をしたりと行動するユーザーが増える傾向にあります。

特に初めていく美容室や美容院を選ぶ際にGoogleの口コミや評価を見て来店するかどうか決めるユーザーが多いです。

多くの口コミを集める事は順位だけでなく、ビジネスプロフィールを見たユーザーに安心感を与え、お店の信頼感につながるので、より多くの口コミを集めるための仕組みを整えましょう。

ビジネスプロフィールの口コミには、ユーザーから投稿された口コミへの返信機能があります。高評価な口コミは勿論、低評価の口コミにも真摯に向き合い、出来るだけ誠実に対応し、丁寧に返信を返しましょう。

<参考情報>
Googleビジネスプロフィールの口コミへの完全対策マニュアル


3-5

「Googleで予約」の導入

Googleは予約システムを提供する外部の事業者と連携し、ビジネスプロフィールのページから直接予約ができるオンライン予約機能「Googleで予約(Reserve with Google)」を提供しています。

Googleマップで「恵比寿 美容院」と検索すると、「Googleで予約」を導入する店舗は下の画像のように【オンラインで予約】ボタンが表示されました。

【オンラインで予約】ボタンが表示された店舗をクリックすると、下の画像にように表示されました。

オンライン予約機能は対象プロバイダと契約する事で、ユーザーが Google を通じて予約できるようになります。ビジネスプロフィールの基本情報から設定できる従来の「予約URL」とは違い、いくつものページを経由せずにビジネス内で予約を完結できます。

新たな集客方法として注目を集める「Googleで予約」に関して、Googleは今後も外部サービスとの連携をさらに増やす予定としています。GoogleマップアプリやGoogleマップ検索内にリスト表示されれば、【オンラインで予約】ボタンが目立つように配置され競合他店と差別化できます。


3-6

サイテーションの拡充

美容室・美容院のジャンルは、無料で店舗情報を掲載できる情報サイトがたくさんあります。

無料サイトに登録し、店舗情報を掲載すればサイテーション効果が期待でき、順位に影響が出るので積極的に行いましょう。


4

弊社対策事例

弊社では、「美容室・美容院」のMEO対策に関して、いくつか実績があります。

下記のグラフは、その具体的な対策結果の一つです。

ビジネスプロフィールの情報を最適化し、しっかりMEO対策を行うことにより、問い合わせの増加や集客の促進につながりやすくなります。


4-1

インサイト事例

【比較グラフ①】対策前(ビジネスプロフィール内の「インサイト」情報)

【比較グラフ②】対策2ヵ月後(ビジネスプロフィール内の「インサイト」情報)



4-2

ランクイン事例

<数字で見る具体的な推移>

函館 美容室

原宿駅 美容院



5

MEO対策ならホワイトマップへ

最後までお読みいただきありがとうございます。

MEO対策でお悩みの方はぜひ弊社MEO対策サービス「ホワイトマップ」へお気軽にご相談いただければと思います。専門のスタッフが、御社のMEO対策をしっかりとサポート致します。

ホワイトマップのMEO対策の詳細はこちらをご覧ください。

また、MEO対策に関連した以下のサービスも展開しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

MEO検索順位チェッカー
Googleマップに対応したランキングチェックツールです。*完全無料・会員登録不要です。

マップスター
サイト内にGoogleマップのレビューを表示するサービスです。


この記事を書いたライター

WEBマーケティング部

WEBマーケティング部

オルグローで現場の最前線で顧客と向き合う部署。
顧客の様々な課題に対して、SEMを駆使した解決方法の提案を行う。特に強みとして「顧客のビジネスをSEOでどのように加速させるか?」について、顧客のWEB集客に関する悩みや課題を引き出し、共に協働することで顧客のビジネスの成功に貢献している。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧