MEO対策 MEO対策キーワードの作り方を徹底解説!問い合わせにつながるキーワード選定の方法とは?

MEO対策キーワードの作り方を徹底解説!問い合わせにつながるキーワード選定の方法とは?のサムネイル画像

MEO対策キーワードをどうやって決めればいいのだろう、とお悩みではありませんか。記事内では、正しいキーワードの5つの選び方を解説します。専門用語を使わずどこよりもわかりやすくご紹介します。

1

MEO対策とは

MEO対策とは、マップ検索最適化の英語略で、ユーザーがGoogleマップでサービスを検索した時に、登録してある自分の店舗を検索結果の上位に表示させるための対策です。

Googleで「最寄駅 居酒屋」と検索した際に、Googleマップと店舗名が検索結果に表示されるのですが、ご覧になったことはありませんか。こちらに自分の店舗を表示させるために、MEO対策を実施します。

Googleでは、お店を探す人の半数近くの人がマップから探しているというデータを出しており、店舗運営をしている方の集客手段として、MEO対策の重要性は今後ますます大きくなっていくはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
MEOとは?費用や対策方法・今後のMEO対策までを解説



2

MEO対策でできること

MEO対策をすると店舗にどんなメリットがあるのか見てみましょう。


2-1

地図検索での上位表示  

前項でお伝えした通り、MEO対策をして得られる効果は、ユーザーが地図検索をした時に、自店舗が検索結果の上位に表示されることです。

Googleページからの検索や広告での対策は、今や当たり前のようにおこなわれていますが、地図検索の対策に力を入れている店舗はそれほど多くありません。

早めの対策が、競合に差をつけるチャンスになりますよ。


2-2

今すぐ行きたい人に店舗の存在を知ってもらえる

地図検索で上位に表示されると、アクションを起こしてくれそうなユーザーに対してアプローチできるようになります。なぜなら地図で検索する理由は、「自分の今いる場所からすぐ行けるところ」のサービスを探しているからです。

つまり、MEO対策をすれば、今すぐ行動したいと思っている人を狙って、自分の店舗の存在を知らせることができるのです。

そして、そのMEO対策で最も重要なのが、キーワード選びです。


3

MEO対策でキーワード設定が重要な理由

今すぐ行動したい人にお店の存在を知ってもらえるMEO対策で、キーワード選びが重要な理由を解説します。


3-1

Googleが重視している

検索結果の順位づけをしているのはGoogleです。そのGoogleが、キーワード選びが上位表示のカギとなることを公言しています。

具体的には、「ユーザーの検索キーワード」とGoogleマップ上に登録されている「店舗情報に記載のあるキーワード」が一致していることが、Googleの評価に繋がります。

キーワードが一致する割合が高いほど、ユーザーニーズとの関連性が高いとわかるので、検索上位になりやすくなるわけですね。

【参考ページ】
Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法 – Google ビジネス プロフィール ヘルプ



3-2

ユーザーはそのキーワードであなたの店舗を探している

ユーザーは、キーワードを使ってあなたの店舗を探します。ですので、店舗を見つけてもらうためには、ユーザーが使うそのキーワードを店舗情報に記載しておかなければなりません。

もし見当外れなキーワードで対策をしてしまうと、見当はずれなお客さんが来てしまうかもしれません。

MEO対策をするキーワードを選ぶ際は、ユーザーが使いそうな言葉を意識するようにしましょう。


4

【重要】キーワードの選び方

具体的なキーワードの選び方をご紹介します。ユーザーの使いそうな言葉を探していきましょう。


4-1

選び方① キーワードは「地域名+サービス」を選ぶ

キーワードの基本は「地域名」と「サービス」の掛け合わせで検討しましょう。

なぜなら、ユーザーは「近く」にある「サービス」を探しているからです。例えば、「東京+居酒屋」などです。ただこれではあなたの店舗からユーザーまでの距離が遠いかもしれません。それなら「新宿駅+焼き鳥+個室」に変えれば、ユーザーと店舗の距離が縮まります。

東京から新宿駅へ、居酒屋から焼き鳥+個室へ変わりましたが「地域名+サービス」の形はそのままです。より具体的になりますので、例のように言葉の数を増やしても大丈夫です。思いつくものを洗い出してみましょう。


4-2

選び方② 検索されているキーワードを選ぶ

洗い出したキーワードが、実際に検索されているキーワードを選びましょう。

自分で思いついた言葉をユーザーが実際に使っているのかを確認します。検索されているかどうかは、キーワードツール(6.キーワード選びに使えるツール)を使うとわかります。

検索数が数十から数百のものを選ぶと、競合が少ないので上位表示のチャンスがあります。調べると検索数が数万などのキーワードも見つかるかと思いますが、業界大手が大金をかけて対策し狙って来ます。はじめのうちは検索数の少ないワードでいくつか上位表示を獲得して、慣れてから狙うようにしましょう。


4-3

選び方③ 競合がないキーワードを選ぶ

検索されているキーワードの中で、競合がいないもしくは競合が弱いキーワードを選びましょう。

見つけたキーワードで実際に検索してみます。店舗情報が表示されない、別ジャンルなどキーワードに合っていない店舗情報が表示されている場合は、競合がいないと判断できるため上位表示するチャンスです。


4-4

選び方④ カテゴリを合わせたキーワードを選ぶ

対策するキーワードは、自店舗のカテゴリに合ったキーワードを選びましょう。

Googleマップに店舗情報を登録する際、ビジネスのメインカテゴリとサブカテゴリを決めるかと思います。
例:メインー焼き鳥、サブー居酒屋

店舗情報とキーワードの関連性は、Googleも順位を決定するための評価基準としているので、意識するようにしましょう。


4-5

選び方⑤ 広告料が高いキーワードを選ぶ

対策するキーワードの中に、広告料が高いキーワードも含めると良いでしょう。

なぜなら、広告費用が高いということは、集客に繋がりやすいキーワードでもあるからです。ただし、はじめのうちは自分も同じように広告を出すというよりは、他のキーワードと組み合わせることで、費用をかけずに広告料の高いキーワードを狙ってみると良いです。こちらもキーワードツール(6.キーワード選びに使えるツール)である程度確認することができます。



5つの選び方をご紹介しましたが、前提として、キーワードの選び方とはユーザーが検索に使いそうな言葉を探すための作業です。「稼げるキーワード」、「来てくれるキーワード」のような、魔法の言葉はないものとして考えると良いでしょう。これらはユーザーの気持ちを無視していますよね。

ユーザーの気持ちを意識したキーワード選定をぜひ心がけてみてください。


5

MEO対策で選んではいけないキーワード

MEO対策をする際に、選ぶのを避けた方が良いキーワードもあるのでご紹介します。


5-1

ローカルパックが表示されないキーワード

Googleでキーワードを検索した際、Googleマップと店舗名がセットで検索結果に表示されるのですが、これはローカルパックと呼ばれる地域専用の表示枠となっており、MEO対策はここでの上位表示を狙うことになります。

Googleで検索した時に、このローカルパックが表示されないのであれば、対策をしても表示させることができません。


5-2

地域名がない単体キーワード

地域名を入れない「焼き鳥屋」「ネイルサロン」「1000円カット」などの、単体キーワードと呼ばれる言葉は対策キーワードには選ばないようにしましょう。

なぜなら、地域を限定できず競合が一気に全国に広がるため、上位表示が難しくなるからです。

地域に関する言葉を入れたキーワードで対策するようにしましょう。


5-3

商圏から外れている地域キーワード

店舗の商圏から外れているキーワードも避けた方が良いです。物理的な距離や店舗との関連性が低いとGoogleが評価する可能性があるからです。

商圏を広げるためにそういったキーワードを選びたくなるかもしれませんが、それだと自分本意でユーザーの気持ちを意識できなくなってしまいます。商圏から外れていそうなキーワードは選ばないようにしましょう。

なお、対策するキーワードの個数は4〜6つくらいにします。理由としては、MEO対策の方向性をある程度定めるためです。あれもこれも取ろうとせず、まずは一点突破で選んだ数個のキーワードの上位表示を獲得しましょう。


6

キーワード選びに使えるツール

キーワードのアイデアが思い浮かばない時は、ツールを使ってみるといいですよ。

ツールによっては、月間の検索数や予想される広告費用が分かるツールもあります。


6-1

Googleキーワードプランナー

Googleが提供しているキーワード調査ツールです。

特徴は、対策したいワードに関連するキーワードも調べられるため、見落としている言葉を見つけることができます。

また、月間検索数がわかるので、競合の多さも予想ができるはずです。検索数について、1000〜1万のような大雑把な表示なのが少し難点ではありますが、広告を出せば正確な数値が分かるので広告出稿も試してみると良いかもしれません。

Googleキーワードプランナー


6-2

Googleビジネスプロフィールのインサイト機能

Googleマップへの店舗情報の登録は、Googleビジネスプロフィールというサービスで管理されています。Googleビジネスプロフィールでは、店舗の情報を設定する他に、店舗を探すために利用したキーワードも表示してくれます。店舗の認知に実際に繋がったキーワードが分かるので、見落としているワードがあった場合は早めの対策がベターです。

Googleビジネスプロフィール

【関連ページ】
Googleビジネスプロフィールのインサイトの見方と活用方法



6-3

ラッコキーワード

ラッコキーワードはGoogle以外のキーワードも検索できるキーワードツールです。

誰でも無料で使えて便利な機能が揃っています。対策したいキーワードに関連するキーワードを豊富に表示してくれます。アイデアが浮かばないと困っているときに頼りになります。

ラッコキーワード


6-4

Ubersuggest

UbersuggestはアメリカのWEBマーケターが開発したツールです。

関連ワードを調べられるだけでなく、検索数の推移や予想される広告費、対策する際の難易度まで表示してくれます。対策したいキーワードをより深堀りして調べたい時に役立ちます。

Ubersuggest


7

選んだキーワードを記載する場所

キーワードが決まったら、MEO対策として記載していきましょう。


7-1

ビジネス説明の中にキーワードを含める

Googleマップへの店舗情報の登録は、Googleビジネスプロフィールでおこないます。キーワードはビジネスの概要を説明するための「ビジネス情報」という項目で記載します。

「新宿駅から徒歩5分の焼き鳥専門店」などです。


7-2

投稿にキーワードを含める

GoogleビジネスプロフィールではSNSのように、店舗情報を投稿できる機能があります。

この機能で情報を投稿する際に、キーワードを含めた記述をすると良いでしょう。

「渋谷駅でイタリアンランチするなら〇〇へ。テイクアウトも承ります」などです。


8

まとめ

MEO対策キーワードの作り方についてまとめます。

・MEO対策でキーワード設定が重要な理由は、Googleが検索キーワードを重要視しており、ユーザーがお店を見つけるためにキーワードを利用しているからです。
・MEO対策キーワードは「地域名+ビジネス名」を基本形にして深堀りしていきましょう。
・キーワードのアイデア出し、絞り込みにはキーワードツールの利用が便利です。



キーワード選びの始め方を鮮明にイメージできるようになりましたでしょうか。
記事内でご紹介した正しいキーワードの5つの選び方を参考にして、ぜひ上位表示を目指してください。
本記事の対処法が、ビジネスの発展の手助けになれたら幸いです。


この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧