MEO対策 MEO対策・SEO対策の違いについてわかりやすく解説

MEO対策・SEO対策の違いについてわかりやすく解説のサムネイル画像

よくWeb集客方法でMEO対策・SEO対策という言葉を耳にしますが、どう違うのか?わからない方も多いかと思います。今回は知らない方に向けて、MEO・SEOは何か、メリットとデメリット、MEO対策とSEO対策のどちらがおすすめかをご紹介いたします。

1

MEO対策とは?

MEOとは、Map Engine Optimizationの頭文字をとったもので、日本語にすると「マップエンジン最適化」です。

Googleマップはユーザーの位置情報や地図を利用したサービスで、ユーザーはお店やサービスをマップ上で検索を行います。その時に自社の店舗が検索結果の上に出てくるように対策することをMEO対策と言います。

MEO対策ではGoogleマップでの上位表示を目指すため、地域名+業種・カテゴリーなどのキーワードで検索されることが一般的です。この検索方法をローカル検索と言っています。

お店が表示されるのはGoogleマップだけでなく、Googleの検索結果の1番上にマップが表示されるため、近年注目されているWeb集客方法です。この時、上位3つの情報が表示されるため、MEO対策を行い上位3位に入れば、検索した顧客の目にとまりやすく集客につながります。

この地図の部分をローカルパックと呼びます。

以下は「原宿 美容室」で検索した検索結果です。 MEO対策を行うとこのように地域名+サービス名で検索した際に赤枠の中に自分のお店のビジネスプロフィールが表示されます。

Google 検索表示場所 ローカルパック


Googleマップで検索すると以下赤枠の部分に表示されます。

Google マップ表示場所

MEO対策は、GoogleビジネスプロフィールというGoogleが無料で提供しているツールに対して対策を行うのがメインの方法になっています。

【関連記事】
Googleビジネスプロフィールとは?低コストで店舗ビジネスを加速させよう
MEOとは?費用や対策方法・今後のMEO対策までを解説



2

SEO対策とは?

SEOとは、Search Engine Optimizationの頭文字をとったもので、日本語にすると「検索エンジン最適化」です。SEO対策はGoogleで言葉を検索したときに、自身のホームページを上位に表示させるための方法を言います。

SEO対策はサイト内の情報をGoogleのクローラーに正しく伝える「内部対策
外部のサイトからリンクを貰う事で評価を上げる「外部対策
検索ユーザーの検索意図にマッチした記事を作る「コンテンツ施策

など様々な対策手法があります。

近年Googleはユーザーにとって有益な情報が掲載されているかつ使いやすいサイトを評価する傾向にあるため、上記以外の施策に「表示速度」や「使いやすいUI・UX」なども考慮してWEBサイトを最適化する必要があります。

【WEBサイトの最適化項目例】

WEB サイトの最適化項目例


【関連記事】
SEO対策とは?基本的な考え方をわかりやすく解説



3

MEO対策とSEO対策の違い

MEO対策・SEO対策、どちらも同じWeb集客の方法ですが、どのような違いがあるのでしょうか。MEO対策とSEO対策の具体的な違いは以下の6つです。

・検索結果表示の位置
・対策を行う対象
・対策の範囲
・対策の方法
・対策の費用と効果が出るまでの期間
・競合の数


3-1

検索結果表示の位置

MEO対策とSEO対策の違いは検索結果表示の位置です。

キーワードで検索すると、多くの場合、有料の広告が1番上に表示され、その次に地図の表示(ローカルパック)、その下に自然検索の結果が表示されます。

MEOの場合はビジネス情報をローカルパックに表示させる対策で、SEOは自然検索結果にホームページを表示させる対策になります。SEOはMEOの結果の下に表示されるため、キーワードによってはMEO対策をする方が、より上位に自身の店舗の情報を載せることができます。

検索結果表示位置の説明



3-2

対策を行う対象

MEO対策とSEO対策とで、対策を行う対象も違います。

MEO対策はGoogleビジネスプロフィール上で、情報の登録や更新をし検索上位を目指します。一方、SEO対策は自身のWebサイトに対して行われます。Google検索で上位表示を狙っているのは同じですが、対策を行う対象が異なります。

また難易度も大きく変わってきます。

MEO対策はGoogleが無料で提供している「Googleビジネスプロフィール」に対して対策を行うため、どの企業も基本的な条件は同じなのに対して、SEO対策はWEBサイトに対して対策を行うため、競合の資金力によってサイト規模が変わってきます。そのため、キーワードによっては上位化が難しい場合も多くあります。


3-3

対策の範囲

MEO対策はGoogleマップでの検索上位表示のため、地域名で検索を行い、その地域に絞って対策を行います。店舗やサービスを行っている地域で検索上位になるようにします。

一方、SEO対策はユーザーの検索意図によって範囲が変わります。

店舗やサービスを探している場合はMEOと同じように「地域+サービス」で検索しますが、商品を探している場合は「○○ 通販」や「○○ 送り物」などエリアは関係なくなります。

また、情報を探している場合は「○○とは?」などになります。

MEOの検索クエリ例

「原宿 美容院」「渋谷 歯医者」「道玄坂 居酒屋 個室」「表参道 スポーツジム」など、地域に関連したキーワード

SEOの検索クエリ例

「原宿 美容院」「渋谷 歯医者」「道玄坂 居酒屋 個室」「表参道 スポーツジム」「カラコン 通販」「九州グルメ お取り寄せ」「ノベルティグッズ」「パソコンレンタル」 「営業代行」「適正検査」「ベンツ新型」「のどが痛い 病気」「コロナ初期症状」など、様々な検索意図に関連するキーワード


3-4

対策の方法

MEO対策とSEO対策では対策の方法も大きく違います。

自社サイトの内部で行う内部施策と、他のサイトや外部で行う外部施策があります。

MEO

内部施策外部施策
・Googleビジネスプロフィールに登録し、情報を充実させる
・NAP情報を統一する
・キャンペーンなどの情報を定期的に投稿する
・写真、動画を投稿する
・口コミに返信する
・WEBサイトの構造化を行う
・口コミの数を増やす
・ブログやSNSでのサイテーションを集める
・様々なWEBサイトに情報を掲載する
・WEBサイトに外部リンクを集める
・自社のWEBサイトにサービスページを作る


SEO

内部施策外部施策
・顧客の検索ニーズを満たすようなサイトやコンテンツの作成
・通信速度を改善し、Webページの読み込み時間を短縮する
・URLをわかりやすくし、サイト構造を最適化する
・スマホでもサイトを見られるようにする
・htmlタグの最適化
・タイトルタグ、ディスクリプションタグの設定
・内部リンクの最適化を行う
・価値の高いサイトから外部リンクを獲得する
・SNS上でのメンションを増やす


MEO対策は最新の情報を正しく登録する事、WEB上の情報を統一する事、定期的に更新をする事で、検索順位が上がります。SEO対策は検索する顧客のニーズを考え、コンテンツの価値や質を高める、その情報をクローラーに正しく伝える、外部評価を獲得する事で検索順位が上がります。


3-5

対策の費用と効果が出るまでの期間

対策にかかる費用と効果が表れる期間にも違いがあります。

費用と効果が表れる期間の違い

費用(1ヶ月)効果が表れる期間
MEO対策約2万~5万円2週間~2ヶ月
SEO対策約5万~50万円3ヶ月~1年


費用についてもう少し細かく説明すると、MEO対策とSEO対策の費用は成果が出てから支払う「成果報酬型」と、成果にかかわらず支払う「固定報酬型」の2つに分かれます。

それぞれの費用の相場を表にまとめました。

成果報酬型固定報酬型初期費用
MEO対策日額 500~2,000円月額 20,000~60,000円0~50,000円
SEO対策日額 500~5,000円月額 50,000~500,000円0~200,000円


MEO対策はSEO対策に比べて金額が低く、業者に依頼をしても大きな負担にはならない事が多いため、気軽に対策をしやすいです。

SEO対策は、MEO対策よりも費用が高く、対策の内容によって幅があります。狙っているキーワードやサイトの規模・競合サイトの状況によっては対策しなければならない項目が多く、難易度も高いからです。

自分で対策を行う事も出来ますが、SEO対策の幅広い知識やHTML、サイトによってはphpなどのプログラミングの知識も必要になるため、本格的に対策したいのであれば業者に依頼しないと成果が出ない事が多いです。


3-6

競合の数

MEO対策は地域を絞るため、競合はその地域だけになります。

SEO対策でMEO対策と同様のキーワードで対策する場合は、地域の競合+ポータルサイトなどもライバルになるため競合の数が多くなります。

ただし、繁華街で飲食店を検索する場合などはMEO対策の方が競合が多く出る場合があります。
具体的には「渋谷 居酒屋」「原宿 美容室」などのキーワードが該当します。

自社サイトを作る場合は費用が掛かりますが、Googleビジネスプロフィールは無料で作れるため、競合が密集しているような「地域+キーワード」ではこのように競合の数が多くなるためです。

MEO対策を行うか、SEO対策を行うかはキーワードに該当する競合の数と検索結果にヒットする競合の数を事前に把握した上で行いましょう。

また、競合が多い地域でMEO対策を行う場合は、ビッグキーワードに拘らず 「渋谷 居酒屋 焼き鳥」や「渋谷 居酒屋 個室大人数」など、お店の特徴を活かしたキーワードで対策するなどの工夫をしましょう。


3-7

検索するユーザーの位置情報について

MEO・SEOそれぞれ地域名が付くキーワードや、地元のお店を調べるようなキーワードでは検索ユーザーの位置情報に合わせた検索結果を表示させます。

例えば、渋谷にいる方がラーメンと検索する場合と札幌にいる方がラーメンと検索する場合は検索結果が変わります。

どちらもユーザーの位置情報を考慮していますが、GPSの機能があるGoogle mapの方がよりユーザーの位置情報を考慮した検索結果になっている場合が多いです。

具体的には、店舗から検索した場合と、店舗から数キロ離れた位置から検索した場合で、検索結果が少し変わります。

また「○○駅+サービス名」のように、駅名で検索した場合は駅に近い店舗が表示されます。

MEO対策を行う場合は、集客しているエリア内でどこから検索しても検索結果に表示する事を意識して対策を行いましょう。

【関連記事】
ローカル検索とは?通常検索との違いと順位の決め方を解説
Googleのベニスアップデートとは?導入後の影響と必ず実行したい対策



4

MEO対策のメリット・デメリット

ここからはそれぞれの対策のメリット・デメリットについてお話します。まず、MEO対策のメリットについてです。


4-1

MEO対策のメリット

MEO対策のメリットは以下の8つです。

・自然検索結果よりも上位に表示される事が多い
・SEO対策より難易度が低く、低コストである
・検索した顧客の来店率、利用率が高い
・検索した顧客がすぐに連絡できる
・費用が比較的に安く、効果が出やすい
・ポータルサイトが競合にならない
・クリックされやすい
・SEOに比べて競合が少ない


自然検索結果よりも上位に表示される事が多い

「地域名+サービス名」で検索した際、多くのキーワードがGoogleの検索結果で地図が表示されます。

地域系のキーワードでSEO対策を行った場合は、Googleマップの検索結果の下に表示されるため、MEO対策の方がユーザーの目に留まり、お問合せに繋がりやすくなります。


SEO対策より難易度が低く、低コストである

MEOは「Googleビジネスプロフィール」という無料のツールで行う施策がメインのため、SEO対策のようにHTMLやプログラミングの専門知識が無くても施策を行う事が出来ます。

また、キーワードによってはまだMEOに力を入れていない業種もあり、そのような業種は上位表示させる難易度が低い事が多いです。

また、上記理由からMEO対策を外注する場合、SEO対策に比べて低コストなこともメリットの1つです。


【上位表示の難易度】

難易度が低い業種難易度が高い業種
買取、ハウスクリーニング、外壁塗装、ジム、レンタルオフィス、写真館、整体、アクティビティ関連など飲食店、美容室、歯医者、脱毛、エステなど
(2022年時点)


【MEO対策の内容と料金相場】

払いきりの場合月額の場合
内部対策 3万~7万
外部対策 5万~10万
3万~5万


【SEO対策の内容と料金相場】

払いきりの場合月額の場合
内部対策 10万~50万
外部対策 10万~50万
コンテンツSEO 1記事3万~7万
3万~50万



検索した顧客の来店率、利用率が高い

MEO対策は「地域名+サービス」で検索しているため、その多くは近くに住んでいる人がサービスを探しています。

また、地図で探しているという事はお店の場所を調べているので「今から行きたい・今後行く可能性がある」ユーザーになるため、上位表示され認知された場合は来店率が高いです。

来店率・利用率が高いもう一つの理由として「口コミ」を確認出来る事です。お店を利用した第3者の良い口コミを見る事で「安心感」「信頼感」が増して来店率・利用率が上がります。


検索した顧客がすぐに連絡できる

スマホで検索すると検索結果から電話がかけられます。住所などの情報も一緒に出るため、顧客が検索して、すぐに連絡することができるようになっています。店舗情報や経路などもワンクリックで出るため、検索した顧客がすぐ行動できるように設定されています。


費用が比較的に安く、効果が出やすい

Web広告やチラシ作成・配布なども集客方法でよく活用されますが、広告を掲載するのにお金がかかり、問い合わせが来なければ、費用とのバランスが釣り合わないときもあります。

MEO対策は企業に依頼するのも比較的安価で手軽に始められ、広告は掲載が終わったら効果も終わりですが、MEO対策はその後も効果が続きます。MEO対策は自身で行うことも可能のため、費用対効果が高いです。


ポータルサイトが競合にならない

ここでいうポータルサイトは、例えば飲食店の口コミサイトやランキングサイトなどです。

近年こういったポータルサイトは自然検索でランキング上位に表示され、それらのサイトよりも自社サイトを上位に表示しようと思っても難しいのですが、MEO対策では地図が検索結果よりも上部に表示されることが多いため、それらのサイトよりも上に表示することが可能です。


クリックされやすい

Google Mapは、広告やSEO対策が行われているWebサイトよりもクリックされやすい傾向があります。広告と自然検索は基本テキスト表示ですが、Google Mapは店舗の写真などが表示されるため、視覚的にわかりやすく、ユーザーの興味関心が高まり、クリックされやすいのです。


SEOに比べて競合が少ない

SEOで地域系キーワードの対策をする場合の競合は、「地域の競合」+「全国展開している大手企業」+「ポータルサイト」ですが、MEOでの競合は、同じ地域の店舗や会社だけです。


4-2

MEO対策のデメリット

MEO対策のデメリットは以下の2つです。

・地域や顧客が限定される
・口コミによる悪影響があるかもしれない


地域や顧客が限定される

MEO対策は地域を絞るため来店率や利用率は高いですが、店舗がある地域から離れた地域に住んでいる人を対象にしたキーワードで対策をしても上位表示されないため、顧客はある程度限定されてしまいます。


口コミによる悪影響があるかもしれない

MEO対策には口コミを増やすことがあげられていますが、ユーザーによっては悪い口コミを投稿する可能性もあります。

Googleのガイドラインに反している口コミ以外は消す事が出来ないため、まずはガイドラインに違反している口コミかどうかの確認を行い、削除の対象では無い場合は謝罪を行い、今後改善する旨を返信するといいでしょう。他の顧客には悪い評価でも、真摯に向き合っている姿勢を見せるとイメージや信用アップにつながります。

【関連記事】
【画像付き】Google口コミ削除の方法・悪評の対処方法を解説
Googleビジネスプロフィールの口コミへの完全対策マニュアル



5

SEO対策のメリット・デメリット

今度はSEO対策のメリットとデメリットについてご紹介します。


5-1

SEO対策のメリット

SEO対策のメリットは以下の3つです。

・高い集客力
・顕在層だけでなく、潜在層も獲得出来る
・地域を問わないキーワードでも対策が出来る


高い集客力

SEO対策を行い上位表示されるようになれば、ユーザーの目にとまる可能性を増やすことになります。表示箇所が上位であればあるほど、より多くの検索ユーザーに見てもらえて、Webサイトのクリック率を高めることができます。

また、SEOの場合は項目に制限があるGoogleビジネスプロフィールとは違い、ホームページ上で自社のメリットを記載する、施術例を記載するなど自由に表現するが出来るため、集客効果を高める事が出来ます。


顕在層だけでなく、潜在層も獲得出来る

MEO対策は顕在層に向けた対策ですが、SEO対策は悩みを解決する記事や最新情報についての記事をサイト内にアップするコンテンツSEOを行う事で、潜在顧客へのアプローチが可能です。有益なコンテンツを提供できれば、サイトの評価が上がるため、中長期的に上位表示される事が期待できます。


【顕在層と潜在層へのキーワードアプローチの違い】

顕在層が調べるキーワード潜在層が調べるキーワード
「医療脱毛 渋谷」「医療脱毛 渋谷 口コミ」など「医療脱毛 費用」「医療脱毛 痛み」「医療脱毛 脱毛 違い」など


【関連記事】
コンテンツSEOとは?実施するメリットや6つの手順、効果を高めるやり方まで詳しく解説!



地域を問わないキーワードでも対策が出来る

SEO対策は地域を限定しないキーワードでも対策が可能です。
例えば「医療脱毛」「脱毛器 通販」「医療脱毛 メリット」など、地域を限定せずにユーザーの検索意図に合わせたキーワードで対策する事が出来ます。


5-2

SEO対策のデメリット

SEO対策のデメリットは以下の4つです。

・検索結果画面で表示が下の方になる
・上位表示に時間がかかる
・MEOよりもSEOの方が外注費用がかかる
・キーワードによっては競合が多い


検索結果画面で表示が下の方になる

自然検索が表示されるのは、検索結果画面で下の方になります。まず、広告が表示され、その次がGoogle Map、そのさらに下に自然検索が表示されます。そのため、ユーザーには広告とGoogle Mapが先に目がとまります。

Google Mapだけではなく、複数のWEBサイトを比較する業種・ユーザーであれば問題ありませんが、緊急性を要するジャンルや、口コミを見て判断する事が多い業種では、SEO対策よりもMEO対策の方が効果的です。


上位表示に時間がかかる

SEO対策は始めたらすぐ効果が表れるものではありません。試行錯誤し、改善し続ける必要があります。SEO対策専門の業者に依頼しても短い期間では効果を感じられない可能性もあります。SEO対策を本格的に行いたいのであれば業者に依頼し、半年~1年の期間をかけて取り組む必要があります。


MEOよりもSEOの方が外注費用がかかる

SEOの専門会社に依頼したら、上げたいキーワードの難易度やサイト規模、依頼内容にもよりますが年間30万~500万程度の費用がかかります。また、SEO会社の中には費用に見合わない対策内容の会社もあるため、実績や提案内容を見て信頼できる会社を選びましょう。


キーワードによっては競合が多い

キーワードの検索ボリュームが大きければ、その分競合も多くなります。上位に表示される競合サイトが大手のサイトや大規模なECサイト・大規模なポータルサイトの場合は、一つのキーワードではなく2つ、もしくは3つのキーワードを組み合わせたロングテールキーワードで対策すると、競合が少なくなり上位表示の難易度が下がります。


6

MEOとSEO導入時の比較ポイント

6-1

ポイント① どちらをやるべきか

地域に密着しているビジネスや店舗を構えるビジネスであれば、MEO対策・SEO対策どちらも対策するのがおすすめです。

MEO対策で地図上に表示させ、SEO対策で自然検索結果に表示させれば、2つの動線で自社サービスにユーザーを誘導させる事が出来ます。

予算の関係でどちらか一つを選ばないといけない場合は業種・業界によってどちらから先にやるかを決めましょう。

地域に特化した飲食店や美容室、エステなどの店舗型ビジネス

・今お店に行きたいユーザーをターゲットにしている
・自然検索結果に大手サイトが表示される 
・自然検索結果にポータルサイトが表示される

業界・業種であれば、比較的低コストで効果が出るのが早いMEO対策から行い、ローカルパックに表示させて集客を狙うのがお勧めです。

逆に
ハウスクリーニングや外壁塗装、全身脱毛など

・料金が比較的高額
・口コミ、料金、事例などの情報収集をして決める
・大手サイトやポータルサイトが検索結果に多く表示されている

業界に関してはSEO対策から始めるのがお勧めです。

また、スマートフォンでGoogle Mapを使いお店を調べる事が多い業界もMEO対策から行った方が良いです。パソコンとスマートフォンどちらで調べられているかは、WEBサイトを持っている場合はGoogleアナリティクスを使って流入元のデバイスを確認しましょう。


6-2

ポイント② 外注するべきかどうか

MEO対策であれば、まずは自分でGoogleビジネスプロフィールマネージャーからアカウントを作り、各種項目を埋めるなど自分で出来る事が多くあるので、自分で始めてみるのが良いです。その上で結果が中々でない場合は専門のMEO会社に依頼してみましょう。

【関連記事】
失敗しないMEO対策会社の選び方!費用相場と9つの選定のポイントを解説


SEO対策は「Googleのアルゴリズムを理解する」「競合サイトの分析を行う」「htmlの修正」など専門的な技術や知識が必要になるため、これからWEB集客を始める方はSEOの専門業者に依頼した方が良いと思います。


6-3

ポイント③ 両方出来る会社を探す

MEO、SEOどちらも外注に依頼する場合はそれぞれ別の会社に依頼するのはなく、どちらも対応している会社に依頼するのがお勧めです。

理由は

・WEBサイトの情報とGoogleビジネスプロフィールの情報を揃えてくれる
・自社サイトの構造化などMEO対策を考慮したSEO対策を行ってくれる
・ワンストップで発注する事で業者とのやり取りの手間が減る
・MEO、SEOセットで契約する事で費用が安くなる場合がある

などのメリットがあるからです。

ただし、会社によってはどちらもやっていると言いながら片方は外注業者に丸投げしているなど、MEO・SEOそれぞれの専門知識がない業者もあるため、営業担当の知識レベルや実績・サービス内容・提供されるツールなどを見てしっかりと判断しましょう。


7

まとめ

今回はMEO対策とSEO対策の違い、それぞれのメリット・デメリット、どちらの対策から始めるべきかを解説しました。今後もMEO市場は伸びていくことが予想されており、競合が増えてから対策を始めても、SEOのように難易度が上がるかもしれません。悩んでいる方は、ぜひまだ競合が少ない今のうちに始めてみてください。

MEO対策の外注をご検討されている方は、ぜひこちらのサイトをご覧ください。

ホワイトマップ

Googleマップ上での集客数・認知度を「最大化」するMEO対策です。


この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧