SEO対策 オールドドメイン(中古ドメイン)とは

オールドドメイン(中古ドメイン)とはのサムネイル画像

SEOやWEBサイト運営よく用いられる単語の中から、今回は「オールドドメイン(中古ドメイン)」の意味や効果について解説します。

1

オールドドメイン(中古ドメイン)の意味は?

「オールドドメイン(中古ドメイン)」とは、過去に利用されたことがあるドメインや期限が切れて所有者がいないドメインのことを指します。
期限切れと同時に第三者が取得できるようになることから、期限切れドメインと呼ばれることもあります。

WEBサイトを運営するにはドメインが必要になりますが、その場合、新規ドメインに限らず以前使われていた中古のドメインを取得することも可能です。

オールドドメインは、はじめてドメインが取得されてからの年数や価値が、次に取得する第三者にそのまま受け継がれるといった特徴を持つことから、現在はサブサイトを新しく開設する際に用いられることが多いようです。

 

2

オールドドメイン(中古ドメイン)の効果について

WEBサイト運営を行う企業では、自社のWEBサイトが検索結果の上位に表示されるように様々なSEO対策を施しています。
その対策のひとつが「オールドドメインの取得」であり、以下のような様々な効果が期待できます。

2-1

ドメインの運用年数を引き継ぐ

新規サイトを解説する際にオールドドメインを取得すると、「ドメインの運用年数を引き継ぐ」といった効果が期待できます。

GoogleYahoo!などの検索エンジンは、ドメインが古いサイトほど信頼性が高いと評価する傾向にあるため、オールドドメインはSEO対策にも有効なドメインともいえます。

2-2

獲得した被リンクを引き継ぐ

取得するオールドドメインの中には、過去に獲得した被リンクが貼られたままのものがあり、これらの被リンクは新設するサイトにそのまま引き継がれます。

ユーザーにとって有益な情報やコンテンツを多く発信していたドメインであれば、自然に被リンクが貼られることが多いため、このようなオールドドメインを取得すると検索エンジンから評価された状態でWEBサイト運営を始められます。

2-3

オールドドメインを取得する上での注意点

ドメインの運用年数や獲得した被リンクを引き継ぐといった効果が期待できるオールドドメインの取得ですが、一方で悪質なスパムサイトのようにGoogleから厳しい評価を受けているサイトを取得すれば、その低評価もそのまま受け継いでしまうデメリットがあることもあります。

特に何らかの理由でインデックスされなくなったり、評価が著しく落ちたサイトのオールドドメインは「事故ドメイン」などと専門家の間ではいわれています。

オールドドメインを取得する際は、ペナルティを受けていないかをチェックする、バックリンクにIP分散ができているかの確認や精査をしっかり行ったうえで、取得しましょう。



以上、「オールドドメイン(中古ドメイン)」の意味や効果についての解説でした。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧