SEO対策 オーバーチュア広告とは

オーバーチュア広告とはのサムネイル画像

WEBマーケティングやSEOでよく用いられる単語の中から、今回は「オーバーチュア広告」の意味や効果について解説します。

1

オーバーチュア広告の意味は?

「オーバーチュア広告」とは、オーバーチュア社が提供するPPCピーピーシー広告、クリック課金型広告(検索連動型広告)のことを指します。現在では、オーバーチュア社がヤフーに買収され、Yahoo!リスティング広告(Yahoo!広告)に統一されています。

PPC広告は、ユーザーが広告をクリックした数に応じて費用を支払うシステムで、掲載されただけでは費用はかかりません。そのため、特定のキーワードに関心をもつユーザーターゲットに対して、ピンポイントに広告を表示させられるといった魅力があります。

検索結果に表示される広告は入札方式により決まるため、高い金額を設定したキーワードほど検索結果1ページ目の広告枠に表示され、キーワードに関心のある見込み客を自社のWEBサイトへ誘導しやすいといったメリットがあります。

2

オーバーチュア広告の効果について

オーバーチュア広告をうまく活用することで、特定のキーワードに対して関心の高いユーザーだけに広告を表示させることができ、非常に効率よく自社の商品やサービスなどを宣伝することができます。

また、ユーザーがクリックした分だけかかるクリック課金型であり、クリック数の上限などを自由に設定できることから、予算内で広告が出せるなど調整がしやすい広告です。

3

オーバーチュア広告とSEOの関係性

検索エンジンの検索結果からWEBサイトへの来訪者を増やすために行うSEM(Search Engine Marketing)というマーケティング手法の一つ、それがオーバーチュア広告です。そして、検索エンジンにおける検索結果で上位表示させて、自社WEBサイトの露出をアップさせるためのSEO(検索エンジン最適化)も、同じくSEMの手法の一つです。

オーバーチュア広告とSEOでは、ユーザーをWEBサイトへ誘導する手法に違いがあります。

3-1

オーバーチュア広告の手法

オーバーチュア広告は、特定のキーワードに対して金額を設定すればすぐに広告掲載を始められます。WEBサイトへのアクセス数の少なさを懸念している場合は、検索エンジンの検索結果の広告枠にすぐに表示させられるオーバーチュア広告のほうが、短期間で効果測定しやすいのが特長です。

3-2

SEOの手法

SEOはオーバーチュア広告とは違い、すぐに結果が現れる手法ではありません。検索エンジンに評価されやすいWEBサイトや、良質なコンテンツを構築するためには時間がかかるためです。

しかし、SEO対策によって検索結果の上位にキーワードが表示されるようになれば、その後も中長期的に上位表示されやすいといった効果が期待できます。また、表示箇所によってはオーバーチュア広告よりもクリック率が高いため、コストパフォーマンスに優れています。

このように、オーバーチュア広告とSEOでは効果を獲得するためのアプローチ方法が異なるため、それぞれの手法のメリットやデメリットを押さえたうえで、状況に合わせて上手に併用することが最も効率がよいSEM施策といえるでしょう。


以上、「オーバーチュア広告」の意味やその効果についての解説でした。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧