コンテンツSEO SEO効果が高い記事構成案の作り方と注意点

SEO効果が高い記事構成案の作り方と注意点のサムネイル画像

SEOに強い記事構成案を作るにはどうすればよいかお悩みではないでしょうか?この記事では、SEO記事に構成案が必要な理由やWebライティングの基本的な記事構成例、SEOに強い記事構成案の作り方、記事構成を作る際の注意点について解説します。

1

記事構成とは

記事構成とは、記事を執筆するための計画書です。記事構成案・骨子・プロット・アウトラインと呼ばれることもあります。執筆を始める前に、記事に何を書くのか、誰に向けて書くのか、どの順番で書くのかなどを明確にすることで、スムーズに執筆できます。


2

SEO記事に構成案が必要な理由

SEO記事に構成案が必要な理由は以下の4つです。

・検索エンジンに記事の内容を伝えられる
・読者の満足度が高くなる
・網羅性が高い記事が作れる
・メディアとライターの認識を統一できる


2-1

検索エンジンに記事の内容を伝えられる

SEO記事に構成案が必要な理由は、検索エンジンに記事の内容を伝えられるからです。

Googleの検索アルゴリズムは、ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを上位表示します。記事がGoogleからユーザーの検索意図を満たすコンテンツだと評価されるためには、検索アルゴリズムを意識した構成であることが必要です。

例えば、インタビュー記事は、検索上位に表示されにくい傾向にあります。なぜなら、検索ユーザーの悩みや疑問を解決できる構成になっていないからです。

Googleから評価を得ることを前提とした構成にすることで、検索エンジンに記事の内容を伝えられる記事になります。


2-2

読者の満足度が高くなる

構成案を作ることで、読者の満足度が高くなる記事を執筆できます。

検索ユーザーの目的は、自身が抱える悩みや疑問を解決することです。記事が悩みや疑問を解決する構成になっていなければ、記事を読むことを中断されるかもしれません。

たとえば、「パンの作り方」と書かれた記事がおいしいパン屋さんを紹介する内容だった場合、「パン 作り方」と検索した人は満足しないでしょう。

また、「主婦向けの副業講座」に配偶者控除に関するトピックがなければ、読者は満足しないでしょう。副業を始めようと考える主婦が恐れているのは、夫の扶養から外れることだからです。

上記のように、検索者はどんな悩みや疑問を解決したいのか、記事をどんな人が読むのかを意識して構成を作ることで、読者の満足度が高くなります。


2-3

網羅性が高い記事が作れる

SEO記事に構成案が必要な理由は、網羅性が高い記事が作れることです。Googleは、他の記事より検索意図の網羅性が高い記事を高く評価します。

「動画編集アプリ」で検索するユーザーの主な検索意図は以下の通りです。

・iPhoneで使える動画編集アプリを使いたい
・androidで使える動画編集アプリを使いたい
・無料で使える動画編集アプリを使いたい
・人気YouTuberが使っている動画編集アプリを使いたい
・初心者でも使える動画編集アプリを使いたい

上記のように、検索ユーザーが検索する理由や目的を調査し、より多くの検索意図を満たす構成にすることで、網羅性の高い記事が作れるようになります。


2-4

メディアとライターの認識を統一できる

SEO記事に構成案が必要な理由は、メディアとライターの認識を統一できることです。

複数のライターに記事を書かせる場合、メディア運用担当者とライターの間の認識や各ライターの認識にズレが生じるケースがあります。それぞれライターに直接記事を書かせてしまうと、方向性がバラバラになったり、メディアの目的が達成できなくなったりするかもしれません。


3

Webライティングの基本的な記事構成例

Web記事は基本的に以下の3つで構成されています。

・導入文
・本文
・まとめ

それぞれの役割を解説します。


3-1

導入文

導入文は、読者が最初に目にする部分です。読者に記事を読んでみようと思わせる文章を書く必要があります。

検索ユーザーは、検索画面で記事のタイトルやディスクリプションを見て記事の内容を想像し、記事をクリックします。しかし、この段階では記事を読むかどうかを迷っている読者がほとんどです。記事が画面に表示された後、導入文や目次を見たうえで記事を読むかどうかを判断します。導入文を読んだ読者が自分に向けた記事だと感じなければ、検索画面に戻って別の記事を探すでしょう。

つまり、導入文は、何を書くかで読者が記事を読むかどうかが決定される重要な部分だということです。

導入文に書く内容は以下の通りです。

・読者に共感してもらう
・悩みや疑問が解決できる内容が書かれていることをアピールする
・記事を読んだ後の未来を提示する


3-2

本文

本文は、読者の検索意図を満たすための情報を提示する部分です。見出しと文章で構成されています。文章だけでなく、読者の理解を助けるために、画像や動画、箇条書き、表が利用されることもあります。

本文の文章は、PREP法もしくはSDS法で書くのが基本です。

PREP法SDS法
・Point(要点)
・Reason(理由)
・Example(具体例)
・Point(要点)
・Summary(要点)
・Details(詳細)
・Summary(要点)



3-3

まとめ

まとめは、記事を最後まで読んだ読者にアクションを促す部分です。記事に書いた内容をまとめることが目的ではありません。サイトのCVポイントにつなげるか、他の記事へ誘導することを意識する必要があります。

ノウハウ系の記事の場合だと、読者が記事のまとめまで読むということは、記事の本文では悩みや疑問が解決できなかったということでもあります。問題が解決できなかった読者に対し、別の解決策を提示することも重要です。

また、おすすめ記事などのように、まとめまで読んでもらうことがサイトの目的ではないケースもあります。まとめ部分まで読んだ読者に対し、どんなアプローチをするべきかを意識しましょう。


4

SEOに強い記事構成案の作り方

SEOに強い記事構成案を作る手順は以下の通りです。

1. 記事を作る目的を確認
2. ペルソナを設定
3. キーワードを設定
4. 検索意図を確認
5. 検索上位記事を確認
6. タイトル・見出しを設定


4-1

記事を作る目的を確認

SEOに強い記事構成案を作るためには、記事を作る目的を確認しておくことが重要です。

記事を書く目的は、以下のようにさまざまなものがあります。

・自社商品、サービスの購入
・ホワイトペーパーのダウンロード
・問い合わせ
・集客
・ブランディング

目的を明確にしておくことで、目的の達成を前提とした構成を作れます。逆に、目的があいまいなまま構成を作ってしまうと、読者に満足してもらっているのに、CVに結びつかないかもしれません。

動画編集アプリのおすすめ記事を例に解説します。

・アフリエイト広告
・自社開発アプリの購入

記事の目的がアフィリエイト広告からの収益獲得であれば、各アプリの特徴や違いなどを詳しく紹介する記事になるでしょう。広告がないアプリもあるでしょうが、読者がどのアプリを選んでも問題ないわけです。

一方、自社開発アプリの購入が目的の場合、自社アプリ以外を読者が利用しても意味はありません。自社開発アプリと他のアプリを差別化し、読者に対してアピールする必要があります。

もちろん恣意的に読者の選択をコントロールするのは難しいです。しかし、目的を明確にしておくことで、読者に対し効率よく自社製品をアピールできるでしょう。


4-2

ペルソナを設定

記事を作る目的が確認できたら、ペルソナを設定します。ペルソナとは、サービスの提供や商品販売のターゲットとなる架空のユーザー像です。氏名や年齢、性別、職業、居住地、趣味・趣向、ライフスタイル、価値観、身体的特徴など、細かい部分まで想定して人格化することで、どんな人に向けた記事なのかが具体的にイメージしやすくなります。

【関連記事】
マーケティング・SEOにおけるペルソナ設定とは?ターゲット設定との違いや設定例、作り方を解説!



4-3

キーワードを設定

検索流入を前提としたSEO記事の構成を作るためには、キーワードを設定する必要があります。

メディアのドメインパワーや被リンク、すでに上位表示できているキーワードの検索ボリュームなどから、検索上位表示できる可能性を考慮したうえで、最終的に検索上位表示を目指すキーワードを決定しましょう。

また、上位表示を目指すキーワードがひとつだけとは限りません。複数のキーワードで上位表示を目指すケースもあります。

キーワードを設定する際には、以下の3点を意識しておきましょう。

・目的が達成できるキーワードを設定する
・ターゲットが利用するキーワードを設定する
・サイトの状態に合わせたキーワードを設定する

選択するキーワードによって、コンバージョンまでの距離が変わります。たとえば、ウォーターサーバーの販売が目的の場合、「ウォーターサーバー メリット」より、「ウォーターサーバー おすすめ」の方がコンバージョンに近いキーワードです。

キーワードによっては、ターゲットを集客できないものがあります。SNS広告の導入を検討している企業をターゲットにする場合、「Twitter広告消す」で記事を書いても見込み顧客は獲得できないでしょう。

メディアのドメインパワーに応じて、キーワードの検索ボリュームを確認しましょう。検索ボリュームが少なすぎれば、十分なアクセス数が確保できません。一方、検索ボリュームが多ければ競合が激しく、検索上位表示が難しいです。

まだ記事数が少ない場合やスタートアップメディアなら検索ボリュームが少ないロングテールキーワード、ある程度集客できているメディアなら一定のアクセス数が見込めるミドルワードといったように、記事の制作コストとアクセス数のバランスも意識しましょう。


4-4

検索意図を確認

キーワードを設定したら、関連キーワードを調査し、各キーワードの検索意図を確認します。効率よく調査するためには、ツールの使用がおすすめです。

検索ユーザーが使用するキーワードは、以下の4つに分類されます。

Knowクエリ検索ユーザーが情報を調べたい、疑問を解決したい時に利用される
Goクエリ特定のページ、サイトに行きたいという明確な意図の際に用いられる
Doクエリ実際にアクションを起こしたい時にという意図の際に用いられる
Buyクエリ特定の商品やサービスを購入したい時に用いられる

ひとつのキーワードに複数の検索意図がある場合もあります。たとえば、「動画編集 パソコン」というキーワードの検索意図は、「動画編集向けのパソコンが欲しい」と「パソコンで動画編集できるソフトが欲しい」の2つです。

思い込みで検索意図を決めてしまうのではなく、検索するユーザーの立場になって検索意図を確認しましょう。


4-5

検索上位記事を確認

キーワードと検索意図を確認できたら、実際に検索して上位記事に書かれている内容を確認します。確認するポイントは、想定できていないキーワードや検索意図がないかです。

同じ検索意図でも、異なるキーワードで検索されることがあります。たとえば、「検索意図」と「検索インテント」の検索意図は同じです。キーワードの同義語や共起語をチェックし、キーワードの漏れを防ぎましょう。ツールを使用して、検索上位記事がターゲットキーワード以外のどんなキーワードでランクインしているかを確認するのもおすすめです。

また、SNSやYahoo!知恵袋を使って、検索キーワードとして表面化されていない検索意図も確認しておきましょう。


4-6

タイトル・見出しを設定

キーワードと検索意図を決定したら、タイトルと見出しに落とし込みます。タイトルと見出しはGoogleの評価を強く受けるので、必ずキーワードを含ませるようにしましょう。キーワードはタイトルへ、関連キーワードはひとつずつ見出しへ落とし込むのが基本です。

タイトルは32文字以下、見出しは長くなり過ぎないようにしましょう。読者はタイトルや見出しを先頭から読み始める傾向にあるので、出来る限りキーワードを先頭近くに入れることをおすすめします。

記事の構成案作成者と執筆者が異なる場合には、見出しごとに概要を書いておきましょう。

参考になる記事のURLを書いておくと、執筆者がリサーチする時間を短縮でき、構成案作成者と執筆者の間の認識のズレを防ぐこともできます。


5

SEOに強い記事構成を作るポイント・注意点

記事構成を作る際には、以下の7つを意識しましょう。

・hタグ(見出しタグ)を適切に使用する
・見出しにキーワードを詰め込まない
・見出しを読むだけで内容が理解できるようにする
・見出しの順番は検索ボリュームの多い順にする
・見出しには読者の理解度に合わせた単語を使う
・マインドマップで全体の流れを確認
・記事構成の外注は慎重に


5-1

hタグ(見出しタグ)を適切に使用する

見出し構成を作るときは、hタグ(見出しタグ)を適切に使用する必要があります。

hタグは、htmlで使用されるタグのひとつです。ページ構成を明確にユーザーや検索エンジンに伝えるために、重要な役割を担っています。

ただし、見出しを使用しすぎるとトピックがどこから始まってどこで終わるか分からなくなり、記事が読みにくくなります。

また、構造を示すのではなく、テキストの書式を整える目的で見出しタグを使用するのは避けるようにしましょう。

見出しは、h2からh3・h4と順番に使用する必要があります。

H2 ◆◆◆◆◆
 H3 △△△△△
  H4 ・・・・・
  H4 ・・・・・
 H3 △△△△△
  H4 ・・・・・
  H4 ・・・・・
H2 ◆◆◆◆◆
  H4 ・・・・・
  H4 ・・・・・
H2 ◆◆◆◆◆
 H4 ・・・・・
  H3 △△△△△
  H3 △△△△△



5-2

見出しにキーワードを詰め込まない

見出しに入れるキーワードは、ひとつだけにすることが基本です。ひとつの見出しに対して複数の検索意図を盛り込んでしまうと、文章が長くなりすぎて分かりにくくなる恐れがあります。

H2 ◆◆のメリット
 H3 △△△△△
 H3 △△△△△
H2 ◆◆のデメリット
 H3 △△△△△
 H3 △△△△△
H2 ◆◆のメリット・デメリット
 H3 ◆◆のメリット
  H4 ・・・・・
  H4 ・・・・・
 H3 ◆◆のデメリット
  H4 ・・・・・
  H4 ・・・・・

ただし、情報量が少ない場合には、「◆◆のメリット・デメリット」のようにまとめてしまうケースもあります。


5-3

見出しを読むだけで内容が理解できるようにする

読者は、目次を見て記事に書かれている内容を判断することが多いです。見出しは記事の目次として利用されるため、見出しを読むだけで内容が理解できるようにしましょう。

また、見出しタグごとに表現を統一すると読みやすくなります。


5-4

見出しの順番は検索ボリュームの多い順にする

見出しの順番は、検索ボリュームの多い順にすることをおすすめします。検索ボリュームが少ないトピックを前半に配置すると、記事に求めている情報が書かれていないと読者から判断されやすくなるからです。記事の流れがおかしくならないように意識しながら、優先度の高いトピックを前半に、需要が少ないトピックは後半に配置しましょう。


5-5

見出しには読者の理解度に合わせた単語を使う

見出しで使う単語は、読者の理解度に合わせたものを使うようにしましょう。初心者向けの記事で専門用語ばかり使ってしまうと、「難しそうだから読むのを止めよう」と思われるかもしれません。


5-6

マインドマップで記事全体の流れを確認

画像引用:https://jp.xmind.net/

記事構成の流れを確認するには、マインドマップがおすすめです。見出しタイトルや順番を簡単に変更でき、思考を可視化できます。


5-7

記事構成の外注は慎重に

記事の構成は、自社サイトの目的やビジネスモデルについて理解をしている人が作ることをおすすめします。キーワードだけを提示して構成から執筆まで外部ライターに依頼すると、クオリティの低い記事になる恐れがあるからです。記事構成を外注するなら、実績・経験豊富なコンテンツSEOに強い記事作成会社に依頼しましょう。


6

まとめ

記事構成は、記事を作るための設計図のようなものです。間違った構成で記事を書けば、検索エンジンからの評価が得られなくなったり、読者を満足させられなくなったりするでしょう。記事の目的やターゲットを明確にしたうえで、検索意図を網羅した記事が書ける構成を作ることが大事です。

コンテンツSEOの外注をご検討されている方は、ぜひこちらのサイトをご覧ください。



貴社に最適な「見つけてもらえる」「読まれる」記事をご提案いたします。


この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧