SEO対策 Googleのアルゴリズムに「QDD」は存在するのか?その意味や仕組みを解説

Googleのアルゴリズムに「QDD」は存在するのか?その意味や仕組みを解説のサムネイル画像

SEOでよく用いられる単語の中から、今回は「QDD」の意味や仕組みについて解説します。


1

QDDの意味は?

「QDD」とは、Query Deserves Diversityの略称です。Googleの検索アルゴリズムの一つであり、ユーザーが求めるWEBページが検索結果に表示させるための重要なアルゴリズムだと言われています。

例えば、ユーザーが「SEO」という特定のキーワードで検索をした場合、「SEOのやり方」を知りたい人もいれば「SEOの会社」を探している人もいます。また、「SEOの言葉の意味」を知りたい人もいます。そのキーワードにはさまざまな検索意図が考えられるため、Googleは検索結果に多様性を持たせてユーザーが検索したい結果を得られるようにしています。

このように、ユーザーが何の目的のために検索をしているか分からない場合に可能性のあるサイトをそれぞれ表示させる仕組みと言えます。

2

QDDの意味は?

ユーザーが検索したキーワードに対して多様性のある検索結果を表示しようとするQDDですが、GoogleではQDDの存在を公式には認めていません。そのため、どのようなキーワードを対象に、QDDによる影響が起きているのかは明確にされていません。

一方、QDDに関する情報としてよくある仮説では、狙っているキーワードを検索結果で確認し、上位表示されているWEBサイトの内容とは異なったコンテンツやブログを作ることが大切だと言われています。その理由は、QDDというアルゴリズムが多様性を重視しているといった特徴があるためです。

多様性に対して施策を行うのであれば、他のWEBサイトとは違ったオリジナルコンテンツやブログ記事を作ったほうが検索結果で上位表示される可能性があると言えるでしょう。


Googleアルゴリズムの一つと考えられている「QDD」の仕組みは未だ明らかにされていません。しかしながら、特定のキーワードを検索したときに検索結果に多様性を持たせて、ユーザーが様々な選択肢からWEBサイトやページを選べるような状況をGoogleが作り出していることは、検索結果を見た限りでは確かなようです。

 

QDDに対して確実な施策というのは存在しませんが、多様性というポイントを考慮した対策を行うのであれば、上位検索されたWEBサイトとは違った切り口でコンテンツや記事を制作することが上位表示への近道になるかもしれません。

 

以上、「QDD」の意味や仕組みについての解説でした。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧