MEO対策 Googleビジネスプロフィールの情報が勝手に変更・修正された理由と対処法を解説

Googleビジネスプロフィールの情報が勝手に変更・修正された理由と対処法を解説のサムネイル画像

本記事では、情報が書き換えられてしまった際の対処法と書き換えられる理由を解説しています。Googleビジネスプロフィールの効果的な使い方までマスターできるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

1

ビジネスプロフィールが勝手に変更・修正されるとは?

Googleビジネスプロフィールは、営業時間やサービス名が登録した内容から勝手に書き変わる事があります。

どこを見れば変更・修正されたのか、確認出来る方法を解説します。


1-1

変更・修正された際の表示箇所

情報が修正されるとビジネスプロフィールマネージャの情報の画面にメッセージが表示されます。

ビジネスプロフィール情報の更新メッセージ


修正が入った項目はオレンジ色になり、元々のデータに斜線が入り修正された情報が表示されます。

情報が修正された例 営業時間
情報が修正された例 サービスオプション

修正される項目は「ビジネス名」「電話番号」「URL」「営業時間」「支払い方法」「サービスオプション」など、様々な項目で修正が発生します。

修正が発生した場合は、リスティングの管理者にGoogleからメールが届くため定期的に確認しておきましょう。

ビジネスプロフィールの更新 Googleからのメール



1-2

複数店舗管理している場合の変更・修正された際の確認方法

複数の店舗を管理している場合は、どの店舗の情報が更新されたのかを一覧画面から確認する事が出来ます。

一覧画面に表示される「ペンマーク」はビジネス情報の編集ボタンになります。ここに赤い点がついている場合は更新された項目があります。

一覧画面 情報の編集ボタン



更新の通知がある「ビジネス情報の編集ボタン」を押す事でアカウントのホーム画面に遷移する事なく、更新された箇所を確認・修正する事が出来るため複数アカウントがある場合は便利です。

一覧画面クリック後 情報の修正画面



2

ビジネスプロフィールが勝手に変更・修正される理由

2-1

Googleによる変更

Googleは、ユーザーに最新の情報を適切な形にして届けるため、世の中のあらゆる情報源から情報を収集・分析しようとしています。その情報源は、所有者が登録する情報、ユーザーから投稿される情報、公式サイトに記載の情報、その他Google以外のウェブサイトからの情報など様々です。そのため、店舗所有者が登録していない情報であっても、Googleが必要と判断すれば、Google自身が情報の書き換えをおこないます。

そんなことしていいの?と疑問を抱きそうな仕組みですが、「ユーザーへ最新で最適な情報を届ける」ためにGoogleは行っています。

例えばビジネス情報を作った時と現在では、情報が変わっているにも関わらずビジネス情報の更新を数年間放置していた場合、Googleマップを見て店舗に訪問したユーザーに不利益を与える可能性があります。その場合、今後ユーザーがGoogleマップを使わなくなってしまう可能性があるため、常に最新の情報にGoogleが自動で更新するようになっています。


2-2

ユーザーによる変更

店舗情報は、Googleマップのユーザーでも登録・編集ができます。この仕組みは「ローカルガイド」と呼ばれています。この仕組みがあるためユーザーが店舗に対して口コミや写真を投稿できるのですが、情報が少ない場合はユーザー自身で場所の登録や営業時間の追記などもできます。

具体的には、ナレッジパネルやマップから店舗を表示させてクリックした際に、「情報の修正を提案」と言う項目が表示されます。

情報の修正を提案 画像


ここをクリックすると情報入力画面が表示され、「店舗名」「ビジネスカテゴリ」「電話番号」「営業時間」「WEBサイトのURL」「営業日」などの情報をGoogleに送信できるようになっています。

善意で情報の修正を行っているユーザーもいれば、悪意を持って修正を行っているユーザーもいます。悪意のある修正に関してはGoogleも承認しないようにしていますが、中には承認されてしまいそのまま情報が書き換えられてしまうケースもあります。


2-3

権限を持っているユーザーによる変更

社内の担当者やMEO会社、コンサル会社をユーザー追加している場合、編集権限のあるユーザーが書き換えている可能性もあります。

この場合は上記で説明したオレンジ色に修正箇所が変わらないため、登録されているユーザーを見て確認しましょう。

また、退社しているユーザーや契約が終わっている外部業者のアカウントは削除しておきましょう。


3

ビジネスプロフィールが勝手に変更・修正された場合の対処法

3-1

情報の修正を行う方法

Googleに書き換えられていた場合は、自身で修正をおこないましょう。


▼ Googleビジネスプロフィールマネージャにログインして管理画面を開きます。

Googleビジネスプロフィール ログイン画面


▼ メニューの「情報」をクリックすると店舗の詳細画面が表示されます。

Googleビジネスプロフィール 情報選択



▼ 項目を選び書き直しをおこない、「適用」をクリックして完了です。

Googleビジネスプロフィール 適用



審査で承認されれば、反映されます。


3-2

修正しても何度も書き換えられた場合の対応方法

情報を修正したのに再度同じように書き換えられてしまうなど、書き換えに悪意を感じた場合には、Googleに相談しましょう。


▼ Googleビジネスプロフィールの問い合わせ先にアクセスします。

Googleビジネスプロフィール サポート選択



▼ お問い合わせ内容に「修正」などと入力します。※ 適宜変更してください

Googleビジネスプロフィール ヘルプ画面



▼ 問題の説明として適切なものを候補から選びます。※「内容が間違っている」など

Googleビジネスプロフィール ヘルプ画面2



お問合せ方法を選び(通話・メール)、相談内容を記載します。


4

ビジネスプロフィールが勝手に変更・修正される事のデメリット

来店できない

店舗の住所が誤って記載されていれば、ユーザーがそもそも来店できない事態になってしまいます。

休日に来てしまう

店舗の営業時間が誤って記載されているのにそのままにしてしまうと、店舗の休日にユーザーが来店してしまうかもしれません。

機会損失

上記のように来店できない、営業時間に来れないとなると、店舗からすると収益チャンスを逃すことにもなりかねません。

店舗へのクレーム

来店できなかったユーザーは不満に感じ、店舗へ直接クレームの連絡をするかもしれません。店舗の責任でもユーザーの責任でなくてもです。

低評価の口コミ

ユーザーはクレームを入れるだけでは収まらないかもしれません。低評価の口コミを投稿して、不満を記録に残そうとする可能性もあります。

お店を探す人の44%が地図アプリを利用しているという調査結果(Google調査資料)もありますので、地図アプリ上の誤った情報をそのままにする訳にはいきません。


5

まとめ

Googleビジネスプロフィールの情報が、勝手に書き換えられてしまった対処法についてまとめます。

情報の修正はGoogleも自動で行うため、こまめにアカウントやGoogleのメールをチェックして、書き換えられるたびに修正するしかありません。

もし「複数店舗管理していて手が回らない」「常に見ている時間が無い」などの場合は、外部ツールを利用しましょう。

ビジネスアカウントの項目を管理画面に登録しておけば、修正された場合もシステムが自動で書き換えを行ってくれます。特に複数店舗を管理している場合は、1店舗ずつ確認をする手間が大幅に軽減できるのでおすすめです。

ビジネス情報管理ツールを活用してみましょう。



第三者からビジネス情報の修正がかかると、自動で登録済の情報に再修正を行います。



本記事の対処法が、Googleビジネスプロフィール運用の手助けになれたら幸いです。


この記事を書いたライター

WEBマーケティング部

WEBマーケティング部

オルグローで現場の最前線で顧客と向き合う部署。
顧客の様々な課題に対して、SEMを駆使した解決方法の提案を行う。特に強みとして「顧客のビジネスをSEOでどのように加速させるか?」について、顧客のWEB集客に関する悩みや課題を引き出し、共に協働することで顧客のビジネスの成功に貢献している。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧