SEO対策 【学校・教室必見!】学校・教室関係のSEO対策・キーワード選定方法

【学校・教室必見!】学校・教室関係のSEO対策・キーワード選定方法のサムネイル画像

本記事は、学校・教室業界のSEO対策における重要なポイントについてまとめた記事になります。これからGoogle・Yahoo等の検索エンジンからの集客を強化していきたい方やSEO対策での集客に伸び悩んでいる学校・教室業界の方の参考になれば幸いです。

1

学校・教室のSEOキーワード選定について

SEO対策を進行していくにあたり、最初に行う必要があるのが「キーワード選定」です。キーワード選定のステップは、SEO対策においてとても重要な工程なので、しっかりとしたキーワード選定を行うようにしましょう。

検索ユーザーの多くが、まずは自分の住んでいる地域の近くやその周辺で学校・教室を探しますので、対策キーワードには必ず「地名」を入れましょう。基本的にキーワード選定のメインは【学校・教室+地名】となります。

また類似するキーワードとして【レッスン】【スクール】なども候補に入れ、検討しておくと良いでしょう。

<学校・教室関連のキーワード例>
「品川 ○○学校」「品川 ○○教室」「品川 ○○レッスン」「品川 ○○スクール」「大田区 ○○教室 個別」「大田区 ○○専門スクール」など


1-1

キーワード選びのポイント①全国対象のキーワードになっていないか

よくあるキーワード選定のミスとして、「全国対象のキーワードを狙ってSEO対策をしている」ということがあります。学校・教室ですと、「○○教室」「○○学校」などの単体キーワードがこれにあたります。

現在検索結果では位置情報や地域性を元に最適な検索結果を出すという仕様があるため、単体キーワードをSEO対策キーワードとして選定する事は検索のトレンドとも合致しません。

キーワード選定の際は、オンラインである場合等を除き、自社の商圏をしっかりと確認しましょう。


1-2

キーワード選びのポイント②競合のキーワード調査

現在、ほとんどの学校や教室関連がネット集客やWebマーケティングに力を入れ始めています。リスティング広告やオーガニックの自然検索経由のネット集客は重要な集客戦略の一つと言えます。

ネット集客における対象キーワード選定をする際は、キーワードツールなどを駆使して、キーワードを探して精査していくことが多いですが、自社サイトの競合サイトもしっかりとチェックしておくこともおすすめです。『競合がどんなキーワードで集客をしているか?』を把握することにより、自社サイトと比較したSEO対策を行うことができます。

関連記事
キーワード掛け合わせツール6選!SEOのキーワード調査を効率化する無料ツール
SEOのキーワード選定方法・コツをわかりやすく解説



1-3

キーワード選びのポイント③【学校】【教室】に関するユーザーニーズを対策キーワードに入れる

例えば、ここ数年【オンライン】【オンライン学習】のニーズは急速に高まっています。ユーザーニーズを考え、自社の学習環境の強みを対策キーワードに入れましょう。

<キーワード例>
「○○教室 オンライン」「○○学校 オンライン学習」「○○スクール 社会人」「○○教室 個別」「○○学校 週一」「○○スクール 仕事帰り」「○○レッスン大人数」「○○教室 初心者」「○○学校 合格まで」


1-4

キーワード選びのポイント④【具体的名称】を対策キーワードに入れる

教室や学校によっては、学ぶ事で得られる成果や資格、学ぶ際の環境に具体的名称があるケースがあります。その場合は対策キーワードに具体的名称を入れましょう。検索ボリュームが少し落ちても具体的名称で検索された際に上位表示されていればCTRの向上が期待できます。

<キーワード例>
「英会話教室 TOEIC」「着付け教室 着付け師」「自動車学校 大型二輪免許」 「ピアノスクール コンサート」「バレエ教室 コンクール」「中小企業診断士 資格スクール」「ドローン教室 資格免許取得」


2

SEOに強い学校・教室のページ構成と必須内容について

サイト構成・ページ構成はSEOの評価にもつながる重要な要素ですあり、検索ユーザーのユーザービリティという観点からも大事な要素となります。

SEO対策を行うにあたり、WEBサイトのページ構成で重要なポイントは以下の3点です。


2-1

【初めての方へ】ページを作成しましょう

【初めての方へ】のページがあると、教室・学校の魅力や特徴を伝える事ができます。しっかりと方針や情報を公開する事で、ユーザーからの信頼を得ることもできます。


2-2

【カリキュラム・レッスン料金】ページを作成しましょう

カリキュラムやレッスン内容に基づき、料金を掲載したページを作成しましょう。レッスン内容や料金をわかりやすくユーザーに伝えることで信頼につながります。

可能であればカテゴライズや一覧化を行い、ページ内で全カリキュラムや料金体系がわかるようにコンテンツとページを設計しましょう。オプション例などの記載もあると良いです。


2-3

【よくある質問】ページを作成しましょう

利用検討をしている方は、多くの疑問や不安を抱えています。よくある質問を掲載し、方針や考え方を明示する事で、ユーザーの不安を払拭することができます。

また、単純に質問を列挙するのではなく、質問の意図毎に項目を分けるなどの整理をしましょう。


2-4

【講師・先生】紹介ページを作成しましょう

プロフィール情報で信頼や魅力を感じていただければ、ユーザーの入会への後押しになります。詳細な経歴・受賞歴やメディア実績などはあれば積極的に掲載しましょう。


2-5

【教室・学校案内】ページを作成しましょう

アクセス方法や教室学校内の写真を掲載するなどして、現場の雰囲気が伝わるページを作成しましょう。


3

教室・学校関連のキーワードで上位表示させるために必要なコンテンツ要素

ページ内のコンテンツはSEO対策の中で最も重要な部分であると言われており、しっかりと充実させたコンテンツを考える必要があります。

競合サイトのページコンテンツのチェックをすることはもちろん、ユーザーにとってわかりやすく、知りたいことがわかるコンテンツ作りをすることが重要です。


3-1

教室・学校のホームページにおけるコンテンツの構成例

TOPページ
初めての方へ
自社の特徴
体験レッスン(入学)
カリキュラム・料金
よくある質問
新着情報
ブログ・コラム
お問い合わせ
教室・学校案内(アクセス)
Web予約ページ


3-2

ブログ・コンテンツ内容例

ブログやコンテンツを活用しましょう。積極的なサイト内の記事更新は更新頻度が高まりページ(インデックス)も増えSEOにも有効です。

また、ブログ・コラムの記事作成時には、記事を書いた人のプロフィールやSNSを掲載しましょう。主にSEOコンテンツの評価基準であるE-A-TのAuthoritativeness(権威性)を高める事ができます。

<ブログ・コラム内容例>

「○○の歴史」
「○○の魅力」
「○○の資格が活かせる仕事」
「○○の習得に必要なスキルとは?」
「○○学習のスケジュール公開!」

※○○にはそれぞれ学校や教室のサービスや項目に関するキーワードが入ります。

自社のサービスに関する内容について様々な角度から情報発信し、網羅的にブログやコラムを作成する事を意識しましょう。

その他、学校・教室の日常をブログなどで紹介する事もユーザーに日常を伝え信頼してもらう事ができるのでオススメです。


3-3

その他コンテンツや要素例

・公的機関や加盟団体のHPがあればリンクバナーを設置しましょう。

ユーザーの方に信頼してもらえる可能性が高まり、リンク先のHPからの流入の可能性もあります。あれば活用しましょう。


3-4

SEOの観点から注意する点

・自社ドメイン内、他のドメイン内のコンテンツと重複・コピーとなるようなコンテンツは作成しないよう注意し、オリジナルで専門性の高いコンテンツを作ることを意識しましょう。

・積極的に更新しましょう。コラムやブログの更新頻度目安は週1回です。検索エンジンもユーザーも新しい又はしっかりと更新されているページを好みます。

・Googleサーチコンソールでサイトマップを作成しましょう。検索エンジンに対してサイトマップを送信する事で、早くインデックスされます。

・スマホ閲覧時でのUXを考慮しましょう。モバイルフレンドリーに対応するのはもちろん、スマホ端末での閲覧時に問い合わせページに辿り着きやすいか、重たくなっていないかなど利便性のある仕様になっているかを確認しアップデートしていきましょう。


4

学校・教室の上位サイトが貼っている外部リンクの調査

SEO対策をする上で、コンテンツの充実と同じくらい重要なことが、外部リンクの調査です。

狙っているキーワードにおいて、競合サイトが「どれくらい」「どのような」外部リンクを獲得しているかを把握し、自社ドメインとどれくらいの差異があるのかを知ることで、戦略を立てることができます。

外部リンクの情報は有料ツールなどで確認することができ、具体的に知ることができます。


例1:教室Aのサイトの外部リンク数の推移

例2: 教室Bのサイトの外部リンク数の推移


このようにデータを確認し、外部対策における戦略も立てていくことで、総合的なSEO対策を行うことができます。


5

学校・教室のSEO以外の集客導線(リスティングやMEOを活用しよう)

本記事では主にSEO対策について扱ってきましたが、集客UPを図る上ではMEO対策やリスティング広告やYouTube動画なども考慮しておくことをおすすめします。導入検討をしやすいという点で、今後学校・教室においてもMEO対策などは重要になってくるかと思います。

Googleビジネスプロフィールでの発信はMAP以外の効果もあるため、まずは【Googleビジネスプロフィール】の登録をしましょう。弊社ではSEO対策のみでなくMEO対策やGoogleビジネスプロフィールのアカウント支援も行っています。ご興味がある方は、下記ページをご覧ください。

5-1

SNSを作成しユーザーとの接点を増やしましょう。

SNSをどんどん活用していきましょう。投稿に自社のURLを掲載する事でサイトへのアクセス数があがります。


6

学校・教室系キーワードでの弊社対策例

SEO対策を実際に進める際には、ページを公開した後、各キーワードがどれくらいの順位にいるのかを計測していく必要があります。弊社では、学校・教室のみならず、その他様々な業種キーワードを毎日計測しており、どれくらいの推移があるのかを観測しています。

こちらは、とあるWEBサイトの「○○学校+地名」のキーワードの順位を追ったグラフになります。


7

最後に

本記事の情報が学校・教室の企業様でSEO対策を考えている方の参考になれば幸いです。

また、SEO対策のエージェントをお探しの方は、弊社でもお力になれることがあるかと思いますので、ぜひお気軽にご相談ください。「学校・教室のSEO対策の記事を見た」とお問い合わせいただければと思います。SEO経験豊富な弊社スタッフが、ヒアリングの上、御社に合ったご提案を致します。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧