SEO対策 サブドメインとは

サブドメインとはのサムネイル画像

WEBサイト運営やSEOでよく用いられる単語の中から、今回は「サブドメイン」の意味やSEOにおける効果、サブディレクトリとの違いについて解説します。

1

サブドメインの意味は?

「サブドメイン」とは、インターネット上でWEBサイトの場所を特定するために使用するドメインの内、用途や目的別に分割して利用するために任意で設定するドメインのことを指します。

例えば、「□□□. com」という文字列のドメインに対し、
「△△△.□□□. com」という文字列を挿入してドメインを区分けしたものがサブドメインです。
1つのドメインを目的別に分割したい時、ジャンルが異なるコンテンツを扱う場合などにサブドメインを使います。

1-1

サブドメインを使用するメリット

サブドメインを利用すると、新たにドメインを取得することなく独立したWEBページを作ることができるため、コストや手間を抑えることができます。また、ECサイトのように取扱う商品が多いWEBサイトでは、カテゴリーごとにサブドメインを作ることでWEBページの区分が容易になります。

また、SEOの観点ではサブではないメインのドメインのindex数が増えるので、SEO効果があるという見解もあります。

2

サブドメインとサブディレクトリとの違い

サブドメインとサブディレクトリの違い、それはURLを見ると確認できます。
 

  • サブドメイン△△△.□□□. com といったようなURL
  • サブディレクトリ□□□. com/△△△/ といったようにドメインの階層下
  •  

2-1

サブドメインとサブディレクトリの使い分け

サブドメインとサブディレクトリの使い分けは、WEBページを作成する用途によって変わります。例えば、既存のドメインとコンテンツの内容やテーマが異なる場合にはサブドメインを利用する場合が多いですし、既存のドメインとの関連性が高い場合には、1つのサイトとして認識させるためにサブディレクトリを使用します。

2-2

サブドメインとサブディレクトリのSEO効果

尚、SEOの観点で見た場合は、サブドメインとサブディレクトリのどちらが有利に働くのか、に関しては大きな優劣はないとGoogleは言及しています。

そのため、特定のWEBサイトに対してサブドメインとサブディレクトリのどちらが適しているかを判断する際は、「これから構築するコンテンツやサイトが、既存のドメインで作ったコンテンツやサイトテーマに合っているかどうか?」など、WEBサイトの用途や目的に合わせてより運用しやすい方を選択することが大切です。


以上、「サブドメイン」の意味やSEOにおける効果、サブディレクトリとの違いについての解説でした。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。
サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超の塩田英司のノウハウをSEOサービスに反映し、2000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

CATEGORY

カテゴリー

SEO対策

WEBサイトを最適化し、Google、Yahoo!などの検索結果で上位に表示させる施策です。

SEO対策とは SEO対策とは イメージ画像
SEO対策の記事一覧

MEO対策

Googleビジネスプロフィールを最適化し、GoogleMapの検索結果で上位に表示させる施策です。

MEO対策とは MEO対策とは イメージ画像
MEO対策の記事一覧

コンテンツSEO

検索ユーザーの検索意図に合わせたコンテンツページを作成し、検索結果で上位に表示させる施策です。

コンテンツSEO コンテンツSEO イメージ画像
コンテンツSEOの記事一覧